(記事ソート奮闘記⑥)「グローバル変数」を理解する

14/03/30

絶賛、断捨離中。


なんとか、引越の荷物を45lの折りコン(プラスチック製の折りたたみコンテナ)を10個程度にまとめるため、あれも、これもと捨てておりやす。

「そないに荷物を増やすまい」と、仙台に乗り込んだのが、2年前。
なんやかんやで、いろいろとモノを増やしてしまっていたんだなぁ。
ちりも積もればなんとやら。


さて、今日はPHPのお勉強を少しだけ進めるネタ。
(もちょい頻度アゲ↑なあかんかなぁ、と思いながら。まぁ、今年中に出来たら御の字くらいのペースでと。サイトへの実装よりも、プログラミングの理解重視だぜぃ)



(記事ソート奮闘記⑤)「変数」を理解する | さぶの部屋


初歩の初歩。変数をやった。



けふ: グローバル変数・ローカル変数


半歩だけ進んで、グローバル変数とローカル変数について


テキスト的に利用させていただいている、こちらのサイトの例ごと引用させてもろうてます。
すいまへん。

【 ほでなすPHP 】 PHPの基本 -> 変数



こうなるんちゃう?


200


300


300


実際、こうなる

200


100




せつめい


これは、関数内で定義された変数は、関数外ではその変更が適応されない、という性質によるもの。


グローバル変数

   関数外で定義された変数

ローカル変数

   関数内で定義された変数



こういう風に、「こう、思うやん? でも、実はそうならずにこうなるんやで」という比較をもって説明の仕方は実にわかりやすい。

良き参考サイトだなぁ。


140330


関数の 外にいるのが グローバル


モノがなくなっていくのは、やはり寂しいどすなぁ。
Better & Better.




日本国憲法の問題点
日本国憲法の問題点

 ロックはその論文の中で、人民には抵抗権があることを明確に記している。
 社会契約によって成立した国家において、、人民の権利が侵害かれたりすれば、普通は公権力に訴えて(appeal to court)解決を求める。ところが、その公権力そのものが専制権力となって、人民を不幸にしているのであれば、公権力に訴えて是正を求めることはできない。となれば、あとは「天に訴える(appeal to Heaven)、つまり人民の側も暴力をもって権力を打倒するしかない。
 暴政には暴力を!
 これこそがロックの言った抵抗権である。人民同士の社会契約で生まれた政府が人民を裏切り、弾圧するようなら、そんな政府はいつでも倒していい。もし、抵抗権がなければ、人民の権利はたやすく踏みにじられてしまうというわけである。
 近代デモクラシーの元祖がこう断言しているのだから、誰に遠慮する必要もない。国民の私有財産を攻撃した官僚の一人や二人、いや五人や十人くらい市中引き回しの上、獄門さらし首にしたって許されるはずである。
50