Amazlet を少しいじって「商品紹介 & 引用」を作成

14/01/31

1月の締めくくり(?)として、かねてからブログに導入したかった「小室語録(仮)」の実装をテーマとして書く。

これは、Amazletで作成したもののHTMLを少しだけいじって(といっても、不要部分を削除するだけだが)、「商品紹介とその商品に関するメモ」のパーツ(?。語彙不足)を作るということ。


少し前のエントリで書いたものを活用。

Keyconfig (Chrome拡張)
Amazonアソシエイト登録 & Amazlet
TextExpander



Amazletは、一番上の形式を利用。

修正に関しては、いたって単純。サムネイルと書籍タイトル以外の部分を消去し、その空いたスペースにメモをいれるカタチにする。
(回り込みのデザインとかで、少し気に入らない部分もある。そのうち、修正方法を模索する予定)


Amazlet jp リンクを作る 24

ここで作成したものを、TextExpander に登録しておき、
適当にAbbreviationを設定(「小室直樹の憲法原論」は、「kkken」とした)


そして、次のステップがTextExpanderの見せ所(と、わては勝手に思っている)。
クリップボードの内容を、出力に入れる機能を使う( %clipboard)

これを、先ほどいらん奴らを削除して作ったメモのスペースに入れる。
これにて、スニペットの準備は完了。



具体的に、記事内に反映させるまでの作業としては、

1. Evernoteのノートブック「小室語録」内の、各書籍ノートに引用文をメモ。ノートタイトルは、「書籍名 TextExpanderの対応Abbreviation」としておく。


スクリーンショット 2014 01 31 19 33 16


2. ノートを眺め、「今日はこいつを使おう」と思った引用文を、Copy。その際、Abbreviationをチラ見。

3. エディタでAbbreviation発動!


この程度の手間なので、継続することも苦ではない?







この「小室語録(仮)」を始めようと思った経緯をささっと備忘録る。

自分の人生のミッションのひとつに「故小室直樹氏の残してくれた知識・思想を広める」というものを設定している。その一環として、毎日、小室氏の言説をアウトプットしたいと思った。

継続するためには、毎日少しずつ、書籍を読んで、「なるほど!」と思うところをメモしていくことが必要である。その習慣を強固にする、という狙いもある。

また、小室書籍の引用一覧をEvernote上で目にすること自体、自分の勉強にもなるし、もしかしたら、ブログを読んでくれた人の中で、「この小室直樹という人の本はおもしろそうだ」と思い、書籍に親しんでくれる人が出てくるかもしれない。

まあ、あまり気負いはせず、新しいものが思いつかなかった日は、過去のものを垂れ流せばよいか、という考えでやっていこかな。何より継続が大切。(過去の自分(2013年以前)は、変に生活をテンプレ化してしまい、ものごとの継続を退屈なものにしていってしまった、と自己評価している)

形式等は変われど、この実践はブログを続ける限り(=死ぬまで)続けたいと思う。



初志貫徹できるかどうかは、未知数。
しかし、「これをする!」と決めたことは、ひとつの経験である。
Better & Better.





日本人のための憲法原論
日本人のための憲法原論

 現在日本が一種の機能不全に陥って、何もかもうまく行かなくなっているのは、つまり憲法がまともに作動していないからなのです。
 こんなことを言うと、みなさんはびっくりするかもしれませんが、今の日本はすでに民主主義国家ではなくなっています。いや、それどころか近代国家ですらないと言ってもいいほどです。
 憲法という市民社会の柱が失われために、政治も経済も教育も、そしてモラルまでが総崩れになっている。それが現在の日本なのです。
(2)