秀明自然農法 生産者交流会のメモ

16/02/23

結構前の話になってしまうが、(「まとめよう、まとめよう」が遅くなってしまうんだなぁ、これが)、滋賀県は大津市、琵琶湖グランドホテルにて執り行なわれた、「秀明自然農法 生産者交流会」に2月10日〜11日に行ってきた。

まとめのメモをほぼそのまま書いてみる。



N教授

・コツコツと生産者同士で議論を重ねることで、「作物ができない」の問題はほとんど解決できる。
(※イベントではダメ! いいところを見せなくてはいけない消費者の前で、「ここが厳しくてねぇ。。。」という話はしにくい。


・秀明自然農法の生産者は、「土作り」に違和感を覚える人が多い。しかし、絶対に必要

・一般的には、「高温・好気性発酵」の短期間での堆肥作りが理想とされている。
But, M先生は、そうではなく、分解が遅いものの方が、腐植

・5月の連休あけよりあとだと霜の心配がない

・踏み込み温床のベストの材料は、「まつば」
切り返して、次の年の腐葉土にすることも

・タバコ農家の踏み込み温床技術は再興

・カブトムシの幼虫(木質を分解。うんこも腐植となる?)




K教授

・敷草の比較実験により、敷草の効果を確認

・劇的に効果があったのは、「不耕起+敷草」条件

・不耕起の方が、団粒でかい

・「耕起+敷草」



Sさん


・じゃがいもの作型決定要因 : 気温 × 日長
気温 10℃~23℃
日長 長日に向かう時に栄養成長さかん → じゃがいもは生殖成長が目当てなので、短日に焦点を




Hさん(稲作)

・稲作 栄養成長期は3ヶ月は確保したい




Tさん(畑作)

・堆肥投入型していた時期
約4トン/反。 1.5メートル間隔においていき、トラクターですき込む

・堆肥投入型があって、雑草草生型がいきる!?

・雑草草生型 スケジュール
4~6月 春作(レタス等)
7~8月 放置 → 積んでおく(=A) (硬い草は下に、柔らかいのんは上)
9月~  秋作(ホウレンソウ、大根等)
~春作 放置
4月 草をAの上に



Hさん(畑作)

・水田は蓄積型、畑は消耗型(畑の方がより時間がかかる)

・耕す=土の力を引き出す ⇔ 耕さない=土の力を蓄える

・よく育つ畑から、育苗土をとる

・麦は良い緑肥 (also, ナスのための麦わらの確保にもなる。ナス1反につき、約3反の麦)

・ナス(。。確か)育苗スケ
3/12 播種
5/1  定植 (cf. 49日目 9cmポットへ(できれば12cmの方が良い)

・堆肥は、短期発酵させたもの(切り返しアリ)を一年かけて完熟させたもの



Yさん

・取りおくれだけでタネにしない
例①オクラ 20cmくらいの時にやわらかさCheck
 ②みやま小かぶ アミが入っているものがある → カットしてCheck
 ③万願寺とうがらし 黒い部分が入ってしまう → 無いやつを選抜



畑作部会

・15cmくらいに穴を掘って排水性を確認
(☆ 少し掘ると、横にはいかない。縦方向の排水性を確認。タテ浸透するのが良い畑。
(cf. 稲作で有名なKさんの圃場。80cmくらい地下水がなくス~と落ちていく。何でもよく育つだろう)

・青枯病 排水性が悪いとでやすい。対策 : 土を良くする。土を休ませる等

・うまくナス作る人(Oさん)
高畦にして、畝間に水を入れる。(すぐ無くなるのが良い)
※ いつまでも水が残るようだと根腐れを起こすので注意!

・毛細根(根の下側)に水がある状態で、ナスはよく育つ

・セスバニア
外国産の牧草。マメ科。エンバクとは違い、種取りが難しい。

・敷草は、5cm以上敷く。 範囲は葉っぱがいくところまで(根も同様にその範囲にあると考えられるから)

・ススキやカヤの堆肥で、粘土質の土を改良可能

・「砂地をまぜる」: 手っ取り早く粘土質の土を良くする方法




。。。。


自分の畑に活かせるものは、積極的に利用していきたいものどすな☆

Read more...

(百姓生活リズム考察⑨)イベント時は無理しない

14/05/22

ようにしようかなと思う。


何か、イベントがあった時(140522現在の場合、ファームステイなど)は、普段より多く気を遣うし、その時にも、通常時と同様のタスクをしようと思うと、なかなかつらくなってくる。


なので、イベント時は、インプットの時間等を無理に作らないようにしてみよう。


その分、通常時は、しかとノルマを達成できるような時間管理をば。



140522


毎日を 辛くしすぎる クセは何?


だらけるわけではない。
無理をせずとも、物事をスムーズに達成できることを示す。
Better & Better



日本人のための憲法原論
日本人のための憲法原論

 最後に君に、丸山眞男教授の言葉をはなむけに贈りましょう。
「民主主義をめざしての日々の努力に中に、はじめて民主主義は見いだされる」
 民主主義にも憲法にもゴールはない。それを求める努力こそが、本当の民主主義です。
 そのことを肝に銘じて、「行動的禁欲」でひた走るしかないのです。
 今さら心配しても始まらない。私たちには失うものは何もないーーみなさんに私が伝えたいことはそれだけです。
492


Read more...

5月の木村秋則自然栽培ふれあい塾

14/05/21

Facebook の記事を貼り付けるだけの、超絶手抜き(笑)

でも、一応、写真とかもつけてるのよ〜











140521


FBに 埋め込みコード あったのか


どんな見た目になるのやら。
Better & Better



中国共産党帝国の崩壊―呪われた五千年の末路 (カッパ・ビジネス)
中国共産党帝国の崩壊―呪われた五千年の末路 (カッパ・ビジネス)

 それにしても、往年の日本人の毛沢東崇拝、中国礼賛は、今こそ思い出しておく必要がある。
 経済の「大躍進」「文化大革命」のときすら、大多数の日本人の批判精神の欠如は、まさに奴隷的そのもの。日本人がだれでも自由に「大躍進」は失敗であったと言えるようになったのは1862年はじめ、毛沢東じしんが厳しく自己批判した後であった。多くの日本人が、毛沢東理論を否定できるようになったのは、やっと1980年3月の「歴史決議」によって、毛沢東批判がなされた後であった。それ以前における中国関係の著書や論文。ことごとく廃棄したい衝動にかられない者は稀であろう。
 しかも、本書の著者は、右の論文、著述が誤りであると言っているのではない。
 毛沢東は偉大なる指導者であり、毛沢東の指導によって、中国は栄光ある発展の軌道にのった。
 これは正しい。
 毛沢東の指導によって、中国は破滅への道を驀進するようになり、もはや「絶望」である。
 これも正しい。
 著者はこう思う。それらは、いずれも毛沢東思想が内包する、端的に二極的な尖鋭なる矛盾の自己展開過程の結果なのである。
3-4


Read more...

(百姓生活リズム考察⑧)夜は10時に寝る?

14/05/18

ようにしようかな。


なんといっても、朝の収穫の仕事が、これから少しずつ忙しくなってくると思うので、朝にそなえて。


健康オタクのワガハイとしては、睡眠時間はしっかりと取りたいので、これくらいには寝ないと。


すると、ブログとFacebook更新、ほんでから読書等のインプット時間をくりあげねば、まね(繰り上げないといけない)


夜のおでかけの時間も、しかととりたいんやがなぁ。
満足できる生活にするためにも、少し、習慣を変えてみよう。


140518


逆算で 活動時間を ひねりだす


やることはたまる一方・・・
Better & Better


危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)
危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)

 このようなアノミー、つまり、完全に規範のコントロールを失ったアノミーを完全(complete)アノミーという。ナチスや軍国主義を生み出し育成したアノミーですら、完全アノミーほど凶暴なものではなかった。狼グループはこの完全アノミーの典型である。そして現在の日本においては、それが、社会の底辺にうごめくく無法者や落伍者の間だけでなく、社会中枢を成す善良な市民の間に浸透していることを再度ここで指摘しておきたい。
44


Read more...

(百姓生活リズム考察⑦)夜のデスクワークは、ポモドーロ・テクニックで

14/05/14

やってみよかな。


ポモドーロ・テクニックは、大雑把に説明すると、「25分作業して、5分休憩する」というタスク処理のこと。

(本当は、振り返りの時間とかも大切にしないといけないが、そのへんは、メンゴで)


ダラダラと、Todo を片付けていくよりも、
たんたんと、時間を区切って、やることを1つずつ終わらすようにする方がよいかもしれないなぁ。


140514


夜時間 作業のお供に ポモドーロ


行動しやんと、物事は終わらない。
Better & Better


偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)
偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)

 親子のあいだの愛は、きわめて深いがゆえに、親子のあいだの憎しみもまた、きわめて深いと言わざるをえない。由是観之(これによりてこれをみるに)、親子のあいだには、本来、殺し合いの関係が内在する。
 この戦慄すべき発見は、仏教以外の偉大なる宗教においてもなされ、何人かの天才的社会科学者の注目するところでもあった。
「親子関係とは殺し合いなり」
20


Read more...