車が来た! 玉屋に行った! ・・・疲れた

14/04/20

今日は、普通の日記帳のブログでおま。
たまにはねぇ。


今日、ついに車がやってきた!
とは言っても、14万キロ走っているオンボロの30万円なりの軽だが・・・


何よりも問題はあれだ、あれ。


ミッション(ギア)


なのだ。


金輪際、ミッションなんて、乗らないと思い、AT限定で免許をとったのが、約5年前。

そして、百姓の必須アイテム、「軽トラ」を使うために、限定解除をしに教習所に再びいったのが、つい一ヶ月前。


まぁ、公道でエンストするかしないかの瀬戸際で闘うこと、山のごとし。



今日の農作業が終わってから、ルンルン気分で、電器店と、玉屋(ビリヤード)に行ったものの、ギアやらクラッチやらの操作に気を使いすぎてつかれてしもうたぜよ。

まぁゆっくり慣れて行こう。


140420


クラッチを 離すとブルブル まじあせる


行動範囲が、一気に広がった!
いろいろなとこへ行ってみよう。
Better & Better



偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)
偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)

 だからこそ、日本が直面する事態は、かえってますます深刻なのである。上は中曽根内閣から下は日教組にいたるまで、教育の危機を強調し、本気で取り組む姿勢を宣伝しているが、こんなイカサマが効果があると、まじめに信ずる者はもういないだろう。
 と言っても私は、決して彼らが、偽善者だとかインチキだとか言っているのではない。また、政治家としての職業的ウソをついているのだと言うつもりすらない。
 私の言いたいことは、親子殺し合いの家庭内暴力に代表される現代の教育的危機の深刻さの度合いは、とても政府の役人や日教組なんぞの手に負えるものではない、ということである。まるで、エイズやヘルペスの患者を、田舎の診療所にかつぎこむようなものだ。
17


Read more...

初の「半兵エ」: 昭和レトロ感あふれる居酒屋

14/04/07

初めて、「半兵エ」に行った。

レトロ感あふれる、懐かしい系居酒屋。


半兵ヱのご紹介 | 薄利多売 半兵ヱ~「昭和」がテーマ居酒屋です~







安くて、いろいろな珍しメニューがあってよろし。



5ab06b61116b644708129a7f2139c87b


こんなんも・・・


なかでも、おどろきのおメニューは・・・



E9e1c35607086c18fa8dd54e6cdd3f18


カエルさん。



C47ce847e18ac654d969ecebb28f9d6a


140408


半兵エに 行ってトライや カエルさん


「ちょっとここ行ってみたぜ」もどんどんネタにするぜ。
手抜きエントリを稼げるもんで。
Better & Better



危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)
危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)

 現代日本社会構造の奥底において普段に拡大再生産され、社会組織の隅々にまで浸透して、着実に爆発のエネルギーを蓄積ひつつある構造的アノミーこそ、この危機の本源的ジェネレーターである、とするのが本書における分析の要諦なのであるが、かかる構造的アノミーは、現代日本における構造(structure)と組織(organization)との矛盾の所産である。
8


Read more...

宝くじが当たった!

14/04/01

なんてことだ。

宝くじが当たってしまった!
100億円!
わーいわーい。


140401


手抜きでも ゆるされるハズ Aフール


引越し後の片付けやらで、疲れてしまって、
「今日は、エイプリルフール。特別な日やし、こんなんでいいか」とか思うたなんてことは無いっすよ。断じて(笑)

明日は、いろいろと新環境での下準備の買い物など。
いよいよ、百姓見習いの道へ
Better & Better



中国共産党帝国の崩壊―呪われた五千年の末路 (カッパ・ビジネス)
中国共産党帝国の崩壊―呪われた五千年の末路 (カッパ・ビジネス)


 1949年10月1日の天安門。
 毛沢東にとっても中華人民共和国にとっても絶頂。
 ここまでは栄光の歴史。これ以降は崩壊の歴史。
 そして1989年6月4日、かの天安門事件。
 中国観は一変した。
 欧米諸国の中国に対する評価もガラリと変わったが、日本の中国評価の変わりようといったらなかった。それまで、欧米の所謂(いわゆる)中国専門家だけでなく、その他大勢の中国(チャイナ)ウォッチャーたちは、おおむね、中国の自由化に期待をいだいていた。
15


Read more...

Mac と Wifi 新調

14/01/15

最近、wifi の調子が微妙であり、かつ、新しい Mac が欲しかったので、思い切って両方新しいものに変えた。


Mac は、 MacBook Pro 15インチ Retinaディスプレイモデル
Wifi機器は、GL09P(Emobile)

新しいものに変えるのは、いつでもワクワクするもの。
やはり、スピード、大幅アップ。

データ制限が、つくことに、はじめは抵抗があったが、自分の行っている作業を定量的に把握する習慣がつくかもしれないので、かえって良かったかも。

あたらしいWifi は、大容量で、USBで他のデバイスに充電することも出来る優れもの(5000mAh)。ええ買い物したぜ。

(写真は、よく行くガストの「寄せ豆腐の和風サラダ」。

写真
Better & Better.

Read more...

久しぶりの散髪屋にて、あまりの安さに驚くの巻

14/01/10

昨日、久しぶりに床屋へ行った。

高校生のある時期依頼、髪のカットは全て自分で行っていたので、もうかれこれ、10年ぶりくらいになる。

なぜ、自分で髪を切るようになったかは、今思い出してみれば、幼い時に「無理やり、定期的に床屋へ行かされて、しかも、刈り上げの変な髪型にされる」という記憶があったからかもなぁ、とふと思う。

自分でのカットも、そろそろ飽きてきたし、久々に床屋へ出向いた。
(と言いつつ、来週あたりに、久々に女性と2人で食事に行く予定があるので、それに向けた身だしなみを、というのがその主な理由だったりする。わっはっは!)

Anyway, 通りがかりの床屋へ入った。
いかにもベテランで、とっても仕事のできそうな女性店長さんに担当してもらったのだが、まあいろいろな事を知ってはる。

セルフカットしていたことを、一瞬で見抜いたことはもちろんのこと、自分の髪の特徴はこうこうこうであり、「セルフカットする際は〜〜を意識するといいですよ」ということも教えていただいたりした。
(自分は、つむじが頭の頂点ではなく、その少し後方に位置しているらしい。その周辺は他の箇所よりも、長く残しておく方が、形がキレイに残りやすいみたい)

久々ながら、話しながらこういった豆知識も知れるので、たまには床屋へいくのもいいなと思った。

・・・おっと、イイタイことをまだ書いていなかった。

一番驚いたのが、その料金が安すぎることであった。
ちょうど、学生割引がある曜日で、ラッキーであったということもあったのだが、カットのみで、お会計1570円。

これだけ、高い付加価値を付けられるような仕事でありながら、この料金は安すぎると感じた。

安売りバンザイの波はいたるところにあるんだなぁと感じた。

業界がそうであるからと諦めるのか、その中でも、高い付加価値をつけるべきであるのか。

悩ましいところだ。


Better & Better.

Read more...