「Facebookのシェア→Evernote」もIFTTTで

14/02/04

(140204 追記)

「改行の挿入」と「引用元文章の挿入(これがないとEvenoteから、いちいちリンクにとぶ必要があるので話にならん)」のため、レシビ内容を修正。


IFTTT Recipe 7897789 4


(追記ここまで)





新たなる自動化の仕組みをば。

本当に最近、こんなことばっかりやっている感が否めないぜ。
でも、情報の効果的な蓄積には必要なことやもん。Maybe.



Facebook で、シェアした情報をEvernoteに保存しておきとう思うたのでございます。



これをやりたいと思った経緯をメモしておく。


最近、三宅のふぇいぼりって(Favourite)の人の一人として、「うつみん(内海聡氏)」がいる。氏がなかなか、型破りなおもしろいことを述べたりするので(例 : 児童相談所によるこども誘拐、抗うつ剤の毒性、ヤマザキパンが有毒性のある保存料を用いている、等)、その真偽がどうであるかを後から調べられるように、ひとまず情報をシェアしておき、その情報をEvernoteにストックしておくのが良いのではないかと考えた。どんな内容の発言・主張であれ、事実かどうかの判断材料は個人でも集めていくべきであると考えている。それが「自立する」「因果律で考える」ために必要なこと?と徒然)


(特に人に広める意図はないが、Facebookのウェブページから、感想付きのメモを残せる最速の方法は「シェア」であると140204現在、思っている)


さて、具体的な方法であるが、またもや、「IFTTT」を用いる。
ifttt.com/


(まいど、いつも本当に本当にお世話になっております。執筆中にふと思ったんやけども、このIFTTTはんって、どうやって儲けているんやろ?今度、調べてみよう。)




こちらのサイト様を参考にさせていただいた。
crossmodelife.com/2012/09/20/2341/



↓の設定



IFTTT Recipe 7897789 2


スクリーンショット 2014 02 03 17 41 47



参考サイトにも書かれていることであるが、これは「FBシェアを拾うもの」ではなく、あくまでも、「リンク付きのFB投稿」を、Actionに回すレシピである。


まあ、FBから直に投稿することなんて、ほとんどないやろうから、そない気にする必要はないかな。


それしても、IFTTTほんまサマサマ。
このサービスが急になくってしまったら、えらいうろたえてしまい、危ないことになってまうこと、請け合いだぜ。




いや、危ないのは君の髪や。




まあ、そんときはそんときに考えればいいか。


目の前の事、現在のことに集中。
Better & Better.



日本人のための憲法原論
日本人のための憲法原論

「刑事裁判とは、検察、すなわち行政権力を裁く場である」というのは近代裁判の大前提なのですが、これもまた日本人のよく理解できていないところです。
 日本人というのは、裁判を「真実を明らかにする場」と考えています。裁判にかければ、どんな悪事も暴かれて、真実が満天下に暴露されると純情にも信じています。
 しかし、それは近代裁判では通用しない。そもそも近代裁判では「真実の追求」なんて、本来の目的ではないのです。極論すれば、真実なんてどうだっていい。事件の真相など、知る必要はない。
43

Read more...

「読書引用メモ」Twitter→Evernote はIFTTTにて

14/02/03

ふと「出来ればいいな」と思って、いろいろと試行錯誤してみたことを記してみよう。


情報の引用メモを効率化する中で、tweetした内容が、そのままダイレクトにEvernoteの指定したノートのトップのところに追記されるような仕組みがあればなぁと思った。




経緯はこちら↓
スクリーンショット 2014 02 03 4 11 23

スクリーンショット 2014 02 03 4 11 40


思いついた時は「これはナイス・アイデアや〜。ノーベル賞はわいのもんや〜」くらいに思っていたが、後から思うとそうでもないわな。

↓これくらいの革新では?と思うたり。







Anyway、Tweetした内容の文頭の文字かなんかを識別して、指定のノートに追記できるような方法を、Google教授に相談してみた。


その結果、「新規ノートの作成」を、指定したノートブックに、くらいのことは出来そうであるが、「既存ノートへの追記」の方法は見つからなかった。


そうして、結局、引用メモをTwitter経由でする方法は諦め、素直にEvernoteのノートを直接編集するiPhoneアプリを捜索しはじめた。

公式アプリだと、不必要なデータもモリモリ同期しようとするから、なんだか、いつでも「同期中」になってしまうのが、なんともストレスだなあ。


とか、思っていたら、「必要なノートブックだけをタグ付けして、それだけを同期する」という高速使用のアプリ「SmartEver」を発見。
goryugo.com/20120712/smart_ever_1st/


「こりゃ、採用やな」と思い、いろいろと導入のテストを行う中で、「iPhone からノートを編集する時に、編集可能な形式に変更する必要がある」という壁があった。

一度、新しいノートを作るだけなら良いのだが、そのノートをPC側で編集してしまうと、もう一度「形式変更(=新規ノート作成)を行う必要がある。

これは少し、煩わしいと思い、結局「特定のTweet内容をEvernoteの新規ノートで作る」という方法でいいや、となった。

Tweetされた内容は、後ほど手動でコピペして整理する必要があり、当初の「自動的に分類」という目標は達成できていないが、「特定TweetをEvernoteに送る」ということはできた。


何か、情報の引用をメモした時に、「その情報をメモした時の感想」を添えておくほうが、より情報を効果的に保持できるんじゃないかと思っているんで、これには満足。



さて、実際に特定内容のTweetだけをEvernote に流す仕組みは、みんなの味方「IFTTT」を利用することにする。
ifttt.com/myrecipes/personal


少し、動作が不安定になることもあるが、情報の自動処理が簡単にできる便利なツールだべ。

「ブログ更新→Evernote」に続いて、今季2度目の利用です。



Tweetの中で「特定のハッシュタグ」があるものだけを、Evernoteに流す、というナイスなオプションが用意されておった。Good Job!
(しかも、「ハッシュタグ抜きの本文」というActionもあり。至れり尽くせり)

引用情報には、「#q」というハッシュタグをつけることにしてみた。





スクリーンショット 2014 02 03 3 08 42



個人的、手順メモ
1. 「引用情報 引用元(※自分が識別できれば良い) ページ#q」をTweet
2. Evernoteで情報の整理(from デフォルトのノートブック)



それにしても「ノート内への追記」をするiPhoneアプリを作るのって、
やっぱり難しいんかな。

アプリ制作をするような詳しい人に、もし会う機会があったならば、聞いてみよう。


今日も新しいmy仕組みを作った。
Better & Better.





日本人のための憲法原論
日本人のための憲法原論

 つまり、たとえ憲法が廃止されていなくても、憲法の精神が無視されているのであれば、その憲法は実質的な効力を失った、つまり「死んでいる」と見るのが憲法学の考え方なのです。
 だからヒトラーが政権を取って、全権委任法が制定されてら、そこで憲法は死んだと考える。憲法の精神が行われなくなった時点で、その憲法は無効になったというわけです。
20

Read more...

Amazlet の商品紹介をサイドバーに入れたまう

14/01/30

やることインフレ、やることインフレ。
次から次へと。

あせらず、一つずつ片付けていく。



さて、今日は昨日くらいに書いた、「Amazon アソシエイト」で、得たIDを使い、商品紹介を実際に実装するサービスの記録。
名は「Amazlet」という。

↓のサイト様を参考にした。
komagawa292.net/20130808/amazlet/


とは、いっても具体的に設定が必要なことといえば、トラッキングIDを入力するくらいのこと。

設定完了した後に出てくるものを、Keyconfigの「go to #1」にぶち込んでしまえばいい。設定したhotkeyを、Amazonの商品ページでポチッとすれば、形式の一覧が得られる。




Amazlet jp リンクを作る 3 8


後は、おこのみの形式をコピペすればいいだけ。




これを用いて、サイドバーにウィジェットの「テキスト」で、小室直樹氏(※わて27歳現在、世界で一番尊敬する天才学者)の書籍を実装した。やったぜ(自己満オツ)



次は、このAmazletで得られるコンテンツを少し、カスタマイズし、引用文を入れれる形、そして、それを継続しやすい仕組みを作ってみたいと思う。



自分がイメージしているカタチへ、少しずつではあるが向かっている。
Better & Better.

Read more...

Amazonアソシエイト登録

14/01/29

女性でも、気合が入った人っちゅうのは、いるもんどすな〜と少し、しみじみ。

放っておくと、女性蔑視の思考に傾く自分としては、強い女性にこそ刺激をもらわなければならないかもしれない。


さて、商品紹介を簡単にブログ内で表示するためのステップとして、Amazonアソシエイト(アフィリエイト)の登録を記録しておく必要がある。


とは、いっても、少し面倒な登録を済ませたのは結構前(2年くらい前かな)。
なので、ほとんど手順を記憶していなかったりする。


その時には、こちらのサイトに書かれているような手順をふんだことでしょう。
kumacrow.blog111.fc2.com/blog-entry-64.html




一応、すぐにアカウント作成とはいかず、認証の期間が必要である。
でも、サイトができており、かつ、よっぽどひどいモノ(アダルト垂れ流し等)でなければ、承認されることでありませう。


一度、作ってしまえば、特筆して覚えておくことなどあまりないと思うが、自分の中で少々、混乱しそうな「アカウント」と「トラッキングID」の備忘録だけしておく。


Amazon アソシエイト アフィリエイト ホーム 18

これで、Amazletの実装まで、あと2ステップ。
案外、これくらい(10日程度)の短期目標は自分にとって、ハマるのかもしれない。


Better & Better.

Read more...

GTmetrix で表示速度測定

14/01/26

昨日は、冗談抜きで一日中、WordPressいじってたな。
主に、自分のサイトにあった高速化のプラグインを「これも違う、あれも違う」とこそこそと探している内に、14時間くらいたってた。(寝る前メシ以外は、昼前にバナナを少し食ろうただけだったな。案外、人間メシ食わんともいけるものだ)


ただのツールにすぎないITサービスにこだわりすぎるのも無益であるから、
本すら読まない、人にも会わない、というような日はこれっきりにしたい。
まあ、いろんなプラグインを入れてみる経験など、得るものも多かったが。


さて、高速化がどの程度できているかを調べるために指標として利用させていただいたのが、「GTmetrix」というWebサイト。

gtmetrix.com/


自サイトのURLを入れるだけで、そのサイトの表示速度に関する分析をしてくれる。なかなか、多くの人が御用達な模様。


さきほど計測してみたもの↓

スクリーンショット 2014 01 26 9 53 44


スクリーンショット 2014 01 26 9 53 58

昨日は、全く同じ設定で、読み込み時間2.5秒くらい出てたのにな。

まあ、「絶対的なものなんてない」という事を示していてよいわな。




さて、今日は今後の人生に関わる大きな案件。

こんな自分を認めてもらえるかどうか?
そして自分が求める環境がそこにあるかどうか?


すべてが楽しみである。


Better & Better.

Read more...