(ギャラリー自作への道①)テーマのデフォルトのギャラリーに「ええい!」となる

14/03/23

ふと、「これ作ってみよかな」と思ったのが、災いしてか(?)また新たなシリーズものをスタートするハメになりますた。

自分が過去に作った、シンプルな引用スライドをギャラリーに設置しようと思ったのだが、挙動がうまくいかない。

なので、ギャラリーも自作してやれ!と、ついさっき(10分ほど前)に思い立った。
一気につくり上げるのは、例のごとく大変かつ、分散学習のが効率が良いのでねぇ。


む?なぜ、これに取り組むかって??



そう、これもまた、

Another 自己満足







スーパー化粧なんて、自己満以外の何者でもないぜ。



Anyway,



このブログのテーマとして利用させていただいている「Simplex」。
なかなかシンプルかつ、機能的であり、お気にのものだが、デフォルトの「ギャラリー機能」が少し、煩わしいと感じるのが本当のところだ。

少し、思考整理も兼ねて、今の問題と、目指すべき方向をメモしておこう。



現在のギャラリー機能の問題点




厳密な区分ができない


わての希望としては、「写真」、「作品」(自分が作った絵・マインドマップ・スライドなど)、「動画」という3つのギャラリーを作っておきたい。

が、デフォルトの機能では、そのような使い回しが難しい(少なくとも、140323現在のわての技量では)


現在のギャラリーの分類は、厳密に場所を区分しているわけではなく、「サムネイルの大きさ」で区分しているだけにすぎない。
(サムネイルの異なる大きさのものを指定していないと、一覧には表示されないという仕様を利用している)

作品(仮) | さぶの部屋


これは少し気にかかっていたところ。


↑に関連して、せっかく用意してある「カテゴリ分類」の機能も使いづらい。



スライダーが変な挙動


これはついさっき発見したりけり。

ちょくちょく、管理画面でも、変な動作があったのは大目に見てきたが、実際の表示画面でも、挙動がおかしくなるのは、いただけない。


↓スライダー(?)部分が、変な感じで点滅してしまう。

ZenQuote 1-10| さぶの部屋



一覧画面のレイアウトを変更できない


おそらく、テンプレートで決まっちゃってるので。

レスポンシブ・デザインであり、ホバーでタイトルが表示される(JS系?)のもなかなかクール。しかし、テキストを入れたりしたくなった時に対応ができない。

この点も不自由。



ギャラリー閲覧画面の固定枠、いらん

こちらも、テンプレートで決まっちゃってるがゆえに、変更できない悩み。

PHPをいじれば、うまく配置できるとは思うのだが、画像とかの連携とか、即雑極まりなく、いじったら、爆発(?)しそうなので、そんなんできまへん。

ギャラリー(場合によってはスライダー機能付き)と、簡単な説明を入れれる箇所だけあればオケ。



解決方針


これらの問題は、↓でなんとか自作でも満足できるレベルのものは作れるんじゃないかと、思う。(なんとなーく)


・ギャラリーは、Page で作成。配置は、Shortcodes Ultimateで

・スライダー機能等は、Shortcodes Ultimate で

・カテゴリ分類をしたければ、ギャラリー用のプラグインを調べる
(多分、やらない。時系列に貼り付けていくだけなので、ベタ貼りしていくだけでよいと思われ。)

・ギャラリー閲覧画面も Shortcodes Ultimate で配置



うむ、これも Shortcodes Ultimate さまさまになりそうだ。
満足いくレベルに仕上がるまで、結構時間かかると思うけども、じっくりゆっくり取り組んでいきまっしょーい♪♪


140324


ギャラリーを 作るぞ増やすぞ ギャラリーを



今日の句↑なかなか、うまいんちゃう?
Better & Better.




日本国憲法の問題点
日本国憲法の問題点

 国家はどんな理由があろうとも、どんな逆境にあろうとも、どんな困難が待ち受けていても、国民の生命、自由そして幸福追求の権利を守るべし。何が何でも、国民の権利を保証せよ!
 憲法は国家にそう命じているのである。
 このことは何度強調してもし足りないが、憲法とは国家権力を制限し、国民を守るために生まれたものである。
 したがって憲法の主たる目的は、国家権力への命令である(『痛快!憲法学』第二章参照)
35



Read more...

(小室メモへの道①)ことはじめにリンク画像を半沢直樹風につくる

14/03/22

今日は、「以前から作っておきたかったんだよ」シリーズの一環。


三宅が、イチオシしている、破天荒の天才学者、「小室直樹」。
毎日、少しずつ著書を読むようにしているのだが、それプラス、
抜き出しした文章を、まとめておくコーナーを作りたいと思った。


単なる情報のメモなら、Evernote だけでもいいのだが、やはりアウトプットを意識した方が学習効果が高いと、140322現在、考えているので、Evernote のメモと、それに関連する意見をつける方がBetter かなと


うむ、その通り。自己満足のコーナー設営以外の何者でもありまへん。わっはっは!



まずは、ことはじめにリンク画像をば

一気に作るのはしんどいから、いつものように、ステップ by ステップで。

小分けにする方略、大好きです。わし。


どんな画像にしようかと思っていたら、「半沢直樹」のロゴジェネレーターのサイトを発見!!


半沢直樹風文字のロゴジェネレーター-つぶデコ テンプレート



「小室直樹」と、相性が良さげなので(?)、これを採用。

こんなんにしてみた。サイドバーに入れることに。

N93532d4463d232c 2


それにしても、半沢直樹は流行ったよなぁ。
正確にいうと、流行るように、マスコミが仕掛けたんやと思うけども。











ほとんど、完成イメージはできてるけども、次回の②は、どんな感じの画面をつくりあげようかということをもちょい練ろうかなと思ってるぜよ。

(時間があって、気が向けば・・・)


それにしても、幸福の科学の大川詐欺師隆法は、
こんな”霊言” まで出してやがるからなぁ。
宗教やからって、何やってもええってもんちゃうぞ。


Amazon.co.jp: 小室直樹の大予言―2015年中華帝国の崩壊 (OR books): 大川 隆法: 本





140322


小室はん 生きてりゃ怒りは 倍以上


昨日、わりとゆっくりと休んだので、今日は快調、快調。
Better & Better.



偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)
偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)

 命題一 愛はかならず憎しみとなる。しかも、この憎しみは、愛が強ければ強いほど強くなる。ゆえに、愛がもっとも強い親子のあいだでは、憎しみもまたもっとも強烈である。
 この命題(文章)から、つぎの命題が導かれる。
 命題二 親子のあいだの本来の関係は殺し合いである。ゆえに、ほうっておけば、親子は、殺し合いをはじめとする、ありとあらゆる暴虐な行為をしかねない。
(中略)
 命題三 親子のあいだの殺し合い、その他の暴虐な行為を防遏(ふせぎとめる)しようとすれば、かかる紛争処理のための制御因子がどうしても必要となってくる。
(中略)
 命題三の対偶 親子のあいだの紛争処理のための制御因子が存在しなければ、(親子のあいだで)殺し合い、その他の暴虐な行為をさけることはできない。
22-24


Read more...

Lazy Load で画像の読み込み速度アゲ↑

14/03/16

久しぶりのWordPressシリーズ。
といっても、使用しているプラグインを書くだけの、
相変わらずの手抜きエントリ。

本当は、朝の元気な内に、ヘビーな記事をささっと書くべきなんはわかってるんよ。わかってるんよ・・・



Lazy Load


こちらを参考にして導入。


画像を後から読み込むプラグインは「Lazy Load」にするべし!読み込み速度を改善し、表示をスムーズにする方法 | gori.me(ゴリミー)


特に、特別な設定など必要なく、インストールしたら簡単に導入できる。


これは、ページ内に画像がある場合、まず表示を終わらしてから、画像を読み込むようにするスピードアップ系プラグイン。


体感で、少し表示速度が早くなったと思ったので(たした)、現在も入れている。


何でも、少しでも早い方がええことやしなぁ。







140316


画像をば LazyLoadで 読み込もう


鳴子温泉つかってきまー
Better & Better.



日本人のための憲法原論
日本人のための憲法原論

「刑事裁判とは、検察、すなわち行政権力を裁く場である」というのは近代裁判の大前提なのですが、これもまた日本人のよく理解できていないところです。
 日本人というのは、裁判を「真実を明らかにする場」と考えています。裁判にかければ、どんな悪事も暴かれて、真実が満天下に暴露されると純情にも信じています。
 しかし、それは近代裁判では通用しない。そもそも近代裁判では「真実の追求」なんて、本来の目的ではないのです。極論すれば、真実なんてどうだっていい。事件の真相など、知る必要はない。
43


Read more...

Image Widget でサイドバーに画像を表示する

14/03/06

今日も使用しているWordPress のプラグインをメモ(備忘録)しておくだけのライトなネタで済ませてしまう。

違う環境(@東京.新宿)におり、何か落ち着かない。ちょいと組み立てながら書く必要があるネタは非効率的だ。

常に移動しながら仕事しているような人は、その点でもすごいと思うなぁ。

べっちー(苫米地英人氏。自称”脳機能学者”)風にいうと、「コンフォートゾーンから外れる」ということかえ。


サイドバーに画像を


ウィジェットタイトルに画像を(画像URLぶち込み) | さぶの部屋

において、ウィジェットのタイトルに画像を入れる方法は習得したのだが、やはり、画像URLをそのまま入れることしかできないので、画像の大きさの調整とかができないのが難点。

そこで、「どうしても、ウィジェットのタイトルに画像を持ってくる必要がある場合」以外は、プラグインで対応した方がいいかなと思うたり。

こちらを参考にして、「Image Widget」にたどり着く。

WordPress 超初心者でもできる! プラグイン『Image Widget』を使ってサイドバーに画像を表示! | intersection


ウィジェットへの挿入の仕方は、直感的でわかりやすい。
よき、プラグインだなぁ。



140306


画像イン Image Widget  サイドバー


今日は、セミナー2日目。
余すことなく、できるだけ多くを学ぶ。
Better & Better.



日本人のための憲法原論
日本人のための憲法原論

「刑事裁判とは、検察、すなわち行政権力を裁く場である」というのは近代裁判の大前提なのですが、これもまた日本人のよく理解できていないところです。
 日本人というのは、裁判を「真実を明らかにする場」と考えています。裁判にかければ、どんな悪事も暴かれて、真実が満天下に暴露されると純情にも信じています。
 しかし、それは近代裁判では通用しない。そもそも近代裁判では「真実の追求」なんて、本来の目的ではないのです。極論すれば、真実なんてどうだっていい。事件の真相など、知る必要はない。
43


Read more...

(動画キャプチャを最速貼り付けへの道②)動画ファイルは「Shortcodes Ultimate」で?

14/02/24

動画キャプチャを、ブログに最速アップする方法の模索、第二弾。
第一弾はこれ。

(備忘録)(動画キャプチャを最速貼り付けへの道①)アプリのホットキー設定〜デスクトップに動画ファイル保存 | さぶの部屋


動画は Shortcodes Ultimateで


またまた、Shortcodes Ultimateの出番。

このプラグインは、動画をアップするためのショート・カットを用意してくれている。

youTube を使えば、URLを入力しておくだけで、動画の挿入は可能であるが、以下の理由で却下。

・YouTube のアップロードには時間がかかる
・YouTube の動画に備忘録動画が入ってしまう
(現在は、出来の悪い動画しかアップできていないが、ゆくゆくは、「一応作品?」と思われるくらいの動画で三宅チャンネルを埋めたいと思っておる。野望オツ)


というワケで、「Shortcodes Ultimate」の「動画」を使用。


固定ページを編集 さぶの部屋 WordPress 5


ショートコードは


スクリーンショット 2014 02 24 18 08 33


MarsEdit の設定


をするつもりだったが、
うまくいかない。
動画ファイルの貼り付け設定がうまく反映されない。

予想外です。
そんなとこでつまづくとは。。





うーむ。
どうしよ。

次回(③)に続く。
(「逃げる」ともいう)



140224


MEよ 動画ファイルを 受け入れて



それにしても最近、少しSNSを眺めている時間が増えてしまっているなぁ。
いかんいかん。

この時間を減らして、過去の Evernote の情報の整理等にあてるべきや。それにしても、やること、どんどん出てくる。やりたいコトも、思い浮かぶコト多い。

よろし_Nowadays.
Better & Better.



危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)
危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)

「これは、ナチスや軍国主義者も企てなかった文化破壊である」と、大学紛争の兵火にかかって鳥有に帰した東大法学部の廃墟に立って、丸山眞男教授はこう叫んだと言い伝えられる。戦後4半世紀を経て、デモクラシー教育は、とんでもない鬼子を生み育ててしまったようだ。大学紛争を契機として血のタブーが破られることによって、あんなにも厳重にとじこめておいたはずの暴力主義の亡霊は、幾重もの封印を喰い破って、おどり出てしまった。現在、いわゆる内ゲバによって年々何十何百という人間の血が流されているが、ここで注目されなければならないことは、その人数の多さや残酷さではなく、その社会的背景である。
7


Read more...