List category posts で記事一覧をショートコードで表示

14/02/01

WordPressシリーズは2月も続く。
とりあえず、やっておかんと!と思うことは消化しないといけないもん。


さて、今日は、記事内で投稿記事の一覧を表示できる「List category posts」というプラグインのお話。場所を選ばず、ショートコードでコンテンツを実装できる。


最近、この「ショートコード」ゆうのは本当に便利だと思う。
「素人がわけのわからんPHPとかいじらんで済むように」、開発者の方が作って
くれている。
本当に、こういうのが「消費者目線」だと思う。

利用客をスパム客扱いして、ID削除の問い合わせに応じてくれない、livedoorとは違うぜ。(ぷんぷん)


本当に、使いやすくてすばらしい無料プラグイン、そのうちまとめて、
開発者の方に少額ではあるが寄付しよう。

ちなみに、今日、少し「function.php」をいじったら、管理画面もWebページも表示が真っ白になるという事態に出くわしました。すぐに、修正できたからよかったものの、一時はわての頭も真っ白になったぜ。



閑話休題。


List category posts は↓のサイト様を参考にして導入。
member.livedoor.com/resign/input


公式サイトにもいろんな使い方が載っている。
wordpress.org/plugins/list-category-posts/other_notes/



基本的な使い方

スクリーンショット 2014 02 01 18 35 59


その他、いろんなパラメータを設定することができる。

この中の「categorypage」というものは、現在の投稿と同一カテゴリを表示するというもの。

これを用いれば、カテゴリのアーカイブに一括で、「カテゴリごとの記事一覧」が作れるのではないかと思い、ウキウキしながら試してみた。

しかし、使用テーマ(DW Simplex) との相性が悪かったのか、わての頭が悪かったのかはわからないが、うまくいかなかった。は〜、ガックシ。


実際に使用するパラメータは「id」、「numberposts」、「date」くらいのものだろう。


カテゴリ別投稿記事一覧の固定ページは、明日のネタにするとして、今日は「全記事一覧」を作った。よしよし。


全然、関係ないが、全記事一覧のサイドバーのリンク画像に、「エヴァンゲリオン サブタイトル風ロゴ」を使ってみた。

generator.tubudeco.com/g472/




N16152ecb44ac8eab 1


「これおもろそうやな」と思ったものは、どんどん使ってみよう。


人生、遊び心を忘れず。
Better & Better.





日本人のための憲法原論
日本人のための憲法原論


 本来の憲法学とは、憲法の条文解釈などではありません。
「憲法を語る」とは、すなわち人類の歴史を語ることに他なりません。憲法の条文の中には、長年にわたる成功と失敗の経緯が刻み込まれているのです。その長い物語を解き明かすのが憲法学なのですから、本当の憲法研究はとても面白く、エキサイティングなものです。
 私は本書において、その「憲法の物語」の一端を披露し、憲法学のおもしろさ、大切さを少しでも皆さんに伝えたいと考えました。
(3)

Read more...