All in One SEO の導入 & 設定、あと俳句ことはじめ

14/02/10

やっぱり、舛添要一が勝利したかえ。
既定路線、既定路線。


今週は、新しいことに多く取り組む予定。
法律相談、大型特殊免許取得、お料理教室、名刺作成。
成長多き、良き週にしていきまっしょい。



さて、またもやWordPressシリーズ。
「All in one SEO」というプラグインで、SEOについて学び始めてみる。

現段階では、このブログでは自分の備忘録や妄想を垂れ流しているだけなので、
「できるだけ多くの皆さんにみてもらう」ことを目的とするSEO対策の必要性はまったくない。

しかし、将来、商品の販売サイトを作成したときにはあると便利な知識でもあるので、少しずつ学び始めておく。



1.導入・概要把握



こちらの簡潔で優れた解説を参照
[WordPress] 定番プラグインall in one SEOの効果的な使い方 | ty’s empty flog | 田中勇輔


General Setting としては、ホームページの設定項目の入力と、Google Analytics の設定だけしておいた。


基本的に、全体設定うんぬんよりも、記事ごとの項目設定が重要であるらしい。
ふむふむ。


言葉メモ


Title : 検索結果に表示されるタイトル。この項目を設定することで、ページ内タイトル表示と検索結果のタイトル表示を異なったものにできる。

Description : 検索エンジンに表示されるサイトの説明。近年のSEOにおいては、検索順位にはほとんど影響はない。しかし、ユーザーがその説明を見て、サイトに入るかどうかを決定することがあるため、クリック率には影響する。

Keywords : meta keywords。Description と同様、検索順位には影響しない。うちは「タグとか使いまへん。カテゴリだけで十分でっせ」といったsimplicity を重視してますんで、使うことはないだろう。





2. MarsEdit で扱えるように



こちらの赤メガネの方の良き解説を参照。(というか、まんま導入)
[Å] MarsEdit初期設定:「All in One SEO」の内容をMarsEditでも入力できるようにする方法 | あかめ女子のwebメモ


これで、MarsEditから、項目を設定できるようになった。


世のメガネ女子に栄光あれ。









3. ブログ導入における自分ルール設定



簡潔に2点



All in One SEO の導入 設定 あと俳句ことはじめ

1. SEO Title には、「(記事のタイプ)記事タイトル」

 これは、誤クリックを減らすために行う。多くの記事には(備忘録)(妄想)等を入れる予定。自分のタイトル命名の傾向として、記事タイトルだけでは、「備忘録(主に、自分へのメモ書き)」なのか、「お役立ち情報(主に、人に対しての情報提供)なのかの判断がつきにくい名前となりがちな部分がある。

「ノウハウを提供してくれる記事だな」と思い、クリックしていただいた方の貴重な時間を奪うことになるので、設置。

TextExpander にスニペットも作成しておいた。




2. SEO(Description)には、「今日の一句(仮)」

 こちらは、新しい試み。Description の部分には俳句を入れてみたいと思う。
記事を書き終わった後の感想なんかを記事の最後に書き、それを「SEO」のフィールドにもぶち込んでおく。


目的は2点。 「創造性の刺激」と「少ない言葉で感想を要約する訓練」である。


一日の労力が増えるので、継続が難しいかもしれないが、とりあえずやってみる。
思いつかなければ、「楽しいな 〜〜〜〜〜〜〜〜 楽しいな」程度のものでも良いことにする。(目指せ!「ゆるゆる・おぶ・ざ・いや〜」)


もし、これを継続してできたならば、今後、「全記事一覧」の横に添えてみるのもおもろいね。


さて、本年初の一句・・・
SEO プラグインから 勉強だ  (だめだこりゃ。小並。)

Better & Better.




危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)
危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)

アノミーとは、無規範(状態)あるいは無規制と訳されることが多いが、直訳ではなくて意訳をしてみると、むしろ、無連帯(状態)とでも訳すべきか。いずれにせよ、このような社会的状態だけではなく、それによって生ずる心理的危機をもあわせ意味するが従来の用語法における慣行である。
158


Read more...