記事タイトル、小見出し、俳句欄をCSSで調整するの巻

14/02/11

サイドバーまわりの調整が(とりあえず)終わったので、今度はテキスト周りの調整を行った。

「記事タイトル」「小見出し × 2」「俳句欄(?)」をCSSで少し調整した。
できたものは、もちろん、TextExpander でスニペット化。


その中でやったことをメモメモ。


JetpackのカスタムCSSでCSS編集

WordPress の標準機能として、「テーマ編集」がついており、FTP接続などしなくても、管理画面から、「style.css」を編集できる。

でも、わての場合、「テーマとの相性が」とかどういう理由があるのかはわからんが、うまく編集できなかった。

そこで、「Jetpack」(プラグイン)の「カスタムCSS」という項目をONにし、そちらから編集するようにすると、うまくいった。しめしめ。


Jetpack さぶの部屋 WordPress



記事タイトル


文字サイズを大きくしたり、padding-bottom で、下に少し余白を作ったり。
(記事タイトルと本文が近すぎるのが少し嫌だった)


あと、少し無駄にテキストシャドウ(CSS3)もつけてみた。
参考サイト、メモしそこないました。すいまへん。



できたのが、↑記事タイトルにあるカタチ。



ちなみ、深い意味をないが、フォントも変更してみた。
(font-family: “Osaka”)
参考 http://rinrin.saiin.net/~aor/fonts/fonts

意味があるとすれば、名前がかっこいいから。



だって、大阪やで。OSAKA。

・・・



採用しない手はないぜ。大阪人として


(自己主張が強い、大阪人。マンセー)





小見出し 2


小見出しは2つくらい用意しておけばいいかな、ということで作成。


1つめのん


こちらのサイト様を参考にした。
CSS3プロパティジェネレーター | CSS-EBLOG


できたのがこちら





2つめのん


これも、左ボーダーが入っているだけのシンプルなものを採用してみる。

参考サイト
見出しデザインの参考にしたい CSSで作るhタグのサンプル集 | 日刊ウェブログ式


できたのんがこれ



ちなみに、色はレッド(red)ではなく、クリムゾン(crimson)としてみた。


・・・ん? その理由だって?

かっこいいですもん。


・・・


名前が





俳句欄


記事ラストに毎日付け加えることにした「今日の一句」
ついでに、これも少しカスタマイズしてみよう。

参考サイト
CSS:text-shadowを使用し、文字に影や縁取りをする | raining


縁取りがなかなか、渋いと思ったので、導入。


できたのんがこれ




ふー、なんとか終了。
まあ、気に入らなかったりすれば、
ええのん見つかった時に変えていってみよう。


迷ったら 名前で選べ 使うのん



テキスト周りCSSのたたき台は完成。
Better & Better.




危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)
危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)

社会科学的思考法はすぐれて近代的な所産であり、かかる心的傾向、考え方(※三宅注 「社会を所与とみる心的傾向」214)とは正反対に、次のように社会を見ることから発する。すなわち、社会構造も社会組織も、すべて人間作為の結果であり、合目的的に制御されうるものである、と、このように考える。つまり、社会の習慣も風俗も規範も制度も権力装置さえも、すべて人間作為の所産なのであるから、それらは必要に応じてつくり変えることができる。このように考えるところから、社会科学的思考はスタートするのである。
215


Read more...