フィフィさんのツイートに気づきが多かったので、メモしておく

14/02/19

エジプト人でタレントのフィフィ(Fifi)さんのTwitterの発言が、自分にとっても納得できることが多かったので、メモしておこう。

引用と、それに関する意見を少し添えるだけのお手軽ブログ。
手抜きともいう。


フィフィはん


フィフィさんは、タレントでもありながら、業界ではタブーとされている政治の話題を隠さずアウトプットしていこうという姿勢で、Twitterで発言する人である。

また、性に関しても「もちょいオープンでええんちゃう?」という姿勢を持っている方だと見受ける。





うむ、ナイス変人である。


わてとて、日本で有数の「変人・キチガイ百姓」を目指しておる身なので、
できるだけ変人の先輩には学びたいと思っている。


都知事選に関するTweetとか





その通りだと思う。
投票率が46・14%
都知事選投票率46・14%…過去3番目の低さ : 地方選 : 選挙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


こんなもんで、民意が反映されているとは、考えづらい。

では、なぜ都民は都政に無関心な人が多いのか?


↓ FIFIは、かく語りき




ああ、そうかも。
あまり出処がはっきりとしないものだが、東京の人口の46%が地方出身者だそうだ。
東京、千葉、茨城、埼玉の地方出身者の割合は? – その他(社会) – 教えて!goo


基本的に、「東京」とそれ以外を「地方」とする考え方ははっきりいって気にくわないが、
「ほとんどが地方出身の人だから、都政に関心がない」というのは的を得ていると思う。


正直、自分に対しても、当てはまる。
大阪から仙台に越して、2年にもなるが、宮城の県政はわりとどうでも良いと思っている。
(お恥ずかしい話であるが、前回の宮城県知事選挙は、他の用事(別にその日にしなくてもよかった)を優先していかなかった)

それよりも、維新がピーチクパーチク言っている大阪の行政の方が気になるのが本音だ。


自分が生まれた街の選挙を、どこでも受けられるようにした方が、政治参加は達成されやすいのではないかとふと思う。



外国人ってそんなもん


関連して、Fifiはんに、「あんたは誰 or どこを支持するんや?」と聞いた人がいたようだ。
それに関する彼女の意見。








自身が、外国人でありながら、自身に対して非難が飛んできそうな発言を、ささっとするあたり、
変人っぷりを魅せつける。 NOT BAD。


結局は、何かあれば、自分の国に帰る。
311の時もそう。


“ぶっちゃけ他人”の「行けたらいくわ」とか「援助できたらするわ」
は当てにならないのである。






本当に、自分の土地のことを考えるのは、その出身者だけだ。
いたって、シンプル。


だから、
「自分のことを自分でする」「国産の保護」いう考えは妥当だ。

まして、人間の生存に関わる問題を「他者・他国」に依存してしまうことがどれだけ
危険なことか。一人ひとりが、自立して考える必要があると思う。


・・・


もっとライトに書くつもりが、わりと時間つこうてしまったな。
まあええや。



おまけ Fifi こっち系の変人発言も





140219


東京都 地方出身 ばかりやん


自身の政治的態度も、少しずつまとめていく。
それを隠したり、お茶を濁すような態度をとったりしない。
Better & Better.



日本国憲法の問題点
日本国憲法の問題点

 そこでロックの思想をかいつまんで説明すれば、彼の理論の特徴的なところは、国家や社会の生まれる以前の「自然状態」(state of nature)における人間を仮定したことろにある。
 もちろん、現実には集団や社会から完全に自由な人間など、いるわけもない。
 だが、あえてそうした模型(モデル。理念型(ideal typus))を仮定することで、社会や権力のあり方を検討したのである。
 ニュートンは質量だけがあった、大きさがない「質点」を仮定することで近代物理学を創始したわけだが、それと同じようにロックは抽象的人間を考えることで、社会契約説を考えた。
28


Read more...