「なんちゃって年齢確認」を作る。Shortcodes Ultimate さまさまだぜ

14/02/22

ふと、ネットを散策していたら、
今までは全然知らなかった世界を見てしまった。
人間の汚らしい部分に少し、向き合わされた気がする。


ブログで、得た情報をアップし、考えをまとめておくべきかどうか悩んだ部分ではあるが、決行する。


140222現在、かなり過激な内容だと思うので、カタチだけでも、
年齢確認のボックスを実装した上で書くべきだと思った。


また、かねてから、「エッチ系の記事のための年齢認証」を作っておきたかった。
本音でブログを書いていくに当たって、性の話題を無視するわけにはいかない。


ちゃんとやるならば、しっかりとした認証のための仕組みを考えなければならないと思うが、情報が溢れすぎて、簡単にいろんなサイトから、年齢確認を通過して、成年むけコンテンツが閲覧できる中で、
正式な確認手続きにこだわるのも、あまり意味はないと思う。

利用者が、「18歳以上です」という意思をもってクリックしないと中身を見ることができない、という仕組みをつくれば十分であると思う。


さて、ささっと作成したものをメモ。
(なんやかんやで、作成に5時間くらいかかった。おー残念なわて)


Shortcodes Ultimate を利用

WordPress プラグインの「Shortcodes Ultimate」を用いて、作成


こいつは、ショートコードを使うことで、記事本文に、いろんなコンテンツを実装することができる、優れまくったプラグインだ。

こちらに詳しい。
Shortcodes Ultimate – ショートコードで記事を装飾できるWordPressプラグイン | ネタワン


実装に用いたショートコードは「ボックス」と「スポイラー」


画像は有料のものを購入。
depositphotos.com/



TextExpander



スクリーンショット 2014 02 22 4 04 12


デモ


18歳以上 ENTER





140222


あの頃は 年齢認証 びびってた


明日は、三宅史上最大(?)おもーい記事を書く予定。
がんばろう。
Better & Better.



日本国憲法の問題点
日本国憲法の問題点

 では、こうした「自然状態」を仮定することで、ロックはどのようにして人間が本来、自由で平等であることを “証明” したのか。
 ロックの考える自然状態では、社会がないのだから身分もない。身分がなければ、それに伴う制約もない。自然状態の人間はみな平等であり、自由にどんな契約でも結ぶことができる。この意味において、人間は自由で平等であるというわけだ。
 ロックは、ここからどんな国家や社会も、そうした「自由で平等な」人間たちが対等に社会契約を結ぶことによって生まれたものだと述べた。これが社会契約説である。
 すなわち、彼によれば、東証の人間たちは社会とか国家とかがなくても暮らしていけた。だが、経済的活動が活発になるにしたがって不都合を感じて、人間同士が契約を結んで社会を作ったのだと考えたわけである。
 したがって、国家権力というのは人民の同意と契約によって作り上げられたものなのだから、その権力は人民に奉仕するためにある。もし、国家権力が人民を不幸にするなら、契約を改めてもいい。つまり、革命を起こして、新しい政府を作るのは人民の正当な権利なのだとロックは述べている。
28-29


Read more...