(予測)STAP細胞の研究は潰されて、世間の関心から消える

14/03/26

昨日は、宮城温泉めぐりのフィナーレ、3連泊を終えて、仙台に帰還。
18時頃、仙台の自宅に帰ってきて、少し仮眠をしてから、読書 & ブログ書き書きをしようかな、と思っていた。

が、やはり旅の疲れがたまっていたのか、それから、13時間ほどの大睡眠(笑)。一日遅れで書いてまふ。


今日は、予測シリーズでも。


STAP細胞


現在、マスコミを大きく騒がせている話題。

概要に関しては、まとめのまとめ的なものを貼り付けておくだけでよいだろう。


STAP細胞 – NAVER まとめ


要は
・理研の研究者が、医療の応用にも使えるかも知れない万能細胞「STAP細胞」を発見。
・捏造疑惑 (論文、学生時代の研究など)








予測

3年スパンでみる。
↓はすべて、2017年12月13日における状況予想。


・「STAP細胞」を、主な研究テーマとする学者・研究者は、日本ではゼロ。
(STAP細胞の研究は、日本ではおこなわれなくなる。)


・理研は、「STAP細胞」に関する著作権をすべて手放している。


・「STAP細胞」に関する記事、新聞社大手5社(朝日・毎日・読売・産経・日経)において、2017年の記事数は16件未満
(世間の関心は、ほとんどなくなる)



研究が潰されて、どこか報道がされない所で、研究が進むんじゃないかなぁという予想。
どうなるやろなぁ。



140326


三年後 STAPよりも SMAPだ


初の少し長期の予想。
アンテナを広げるために、自分の予想をどんどん残していこう。
Better & Better.




危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)
危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)

 社会の機能的要請は、多くの機能集団により分担され、しかもこの機能集団は複雑多様であり、独自のメカニズムで作動するから、機能的紛争の生起は不可避である。しかも、社会全体における機能的要請の達成は、これら多くの機能集団間の分業と協働によりはじめてなされる。ゆえに、機能的紛争を未解決のまま放置すれば、社会課程の進行は阻害され、所期の結果は達成されえない。戦争中、軍事官僚はこのような社会の仕組みを理解しえなかった。彼らは、経済体系と軍事体型との間の機能的対立を理解せず、これを科学的に解決しようとはしなかった。
51-52


Read more...