(予測)STAP細胞の研究は潰されて、世間の関心から消える

14/03/26

昨日は、宮城温泉めぐりのフィナーレ、3連泊を終えて、仙台に帰還。
18時頃、仙台の自宅に帰ってきて、少し仮眠をしてから、読書 & ブログ書き書きをしようかな、と思っていた。

が、やはり旅の疲れがたまっていたのか、それから、13時間ほどの大睡眠(笑)。一日遅れで書いてまふ。


今日は、予測シリーズでも。


STAP細胞


現在、マスコミを大きく騒がせている話題。

概要に関しては、まとめのまとめ的なものを貼り付けておくだけでよいだろう。


STAP細胞 – NAVER まとめ


要は
・理研の研究者が、医療の応用にも使えるかも知れない万能細胞「STAP細胞」を発見。
・捏造疑惑 (論文、学生時代の研究など)








予測

3年スパンでみる。
↓はすべて、2017年12月13日における状況予想。


・「STAP細胞」を、主な研究テーマとする学者・研究者は、日本ではゼロ。
(STAP細胞の研究は、日本ではおこなわれなくなる。)


・理研は、「STAP細胞」に関する著作権をすべて手放している。


・「STAP細胞」に関する記事、新聞社大手5社(朝日・毎日・読売・産経・日経)において、2017年の記事数は16件未満
(世間の関心は、ほとんどなくなる)



研究が潰されて、どこか報道がされない所で、研究が進むんじゃないかなぁという予想。
どうなるやろなぁ。



140326


三年後 STAPよりも SMAPだ


初の少し長期の予想。
アンテナを広げるために、自分の予想をどんどん残していこう。
Better & Better.




危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)
危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)

 社会の機能的要請は、多くの機能集団により分担され、しかもこの機能集団は複雑多様であり、独自のメカニズムで作動するから、機能的紛争の生起は不可避である。しかも、社会全体における機能的要請の達成は、これら多くの機能集団間の分業と協働によりはじめてなされる。ゆえに、機能的紛争を未解決のまま放置すれば、社会課程の進行は阻害され、所期の結果は達成されえない。戦争中、軍事官僚はこのような社会の仕組みを理解しえなかった。彼らは、経済体系と軍事体型との間の機能的対立を理解せず、これを科学的に解決しようとはしなかった。
51-52


Read more...

farm to fridge を知るアンテナをば

14/03/25

今日が、長く続いた「宮城温泉めぐり」の最終宿泊日。
この2ヶ月で、宮城の温泉約10箇所回ったぜ。
なかなか楽しかったなぁ。

でも、その半面、一人旅の寂しさも噛みしめる。
余りにも寂しくて、さっきなんか、猫の幻想を見てたぜ(笑)

この自由感、そして、風呂に一人で浸かっているときに感じるあの、「あれ?わて、何のために生きてるんやろ?」とふと思う感じ、あれがなかなか良い。

自分のちっぽけさを再認識できる。


さて、今日のネタ。



farm to fridge



たしか、うつみん(内海聡氏)のFacebook での情報だったと記憶しているが、こんな動画を見た。





動物愛護系の団体の作成したものであり、かなり批判的な伝達の方法ではあると思うが、しかし、一定程度の事実を反映したものでもあるだろう。


これを見て、「まぁひどい、動物虐待反対!」等、安易に宣うのは、偽善になること請け合いなので、そんなことは思わなくてもいいとは思う。


「なんとなくかわいそう。お命ありがとうね」くらいを感じながら、昨日までと全く同じ食生活を続けることは何ら非難されることがなくて良い。


が、この動画が示す 「farm to fridge」についてはしっかりと
考える必要があると思う。


ほとんどの食事は、farm から 始まって fridge (経由しないこともあるが)、そして胃袋に入って消化される。


その過程をしっかりと知った上で、食べることは必要だと思う。


仮にそれが、動物だとすれば、かならずその動物は、生を授かり、食し、育ち、死に(殺され)、保存され、解体され、運ばれ、味付けされ、という過程をたどっている。


仮に植物だとすれば、生を授かり、栄養を得て育ち、百姓に何らかの行為を受けて、収穫され(殺され)、・・・


スーパー、コンビニで何でも簡単に手に入るこのご時世においては、こういった事を考えることはますます少なくなっているんじゃないかと考える。
考えることは、「安い」とか「おいしい」とか、「お手軽」とか、”合理”に関わることばっかり。


なかなか、全部を知ろうというとしんどい。
でも、食べる時にちょっとだけ、ルーツに意識を向けて、「???アンテナ」を張っておくことで、その後の情報収集において、どんどん、食のルーツを知るようになってくるんじゃないかなと、ふと思う。


これは、教育にも関連する話であるが、「このルーツは何か?」に意識を向ける習慣がつくと、いろいろな知的好奇心が喚起されんじゃないかなぁ。

食育が、そのまま教育の基礎を作ることになるかも知れない。
と徒然。



まとまり無いが、このへんで。



なぜか、思い出す


全然、別の動画であるが、
上記の「farm to fridge」の動画を見ている時に、何故か、
就活の奇妙さを描いた、↓の動画を思い出した。






自分の中で、これらの中に何らかの連想(Association)があるっていうことなのかなぁ。


140325


はし止めて ルーツを思おう その食事


明日は、仙台帰還。もうすぐだ。新しい生活。
Better & Better.



偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)
偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)

 このように、武帝の息子たる皇太子劉拠、家庭よし、教育よし、人柄よし、父の目から見て、欠点とて見当たらない優等生であり、理想的息子であった。
 その彼が、38歳にして、67歳の老父武帝と殺し合いの闘争に入り、その結果、負けて殺される。
 何故か。
 その真の原因をめぐっては、学者のあいだに、何千年にもわたって論争がくりひろげられたが、今もって釈然としないこと中川一郎の死因のごときありさまである。
33



Read more...

(動画キャプチャを最速貼り付けへの道③)動画ファイル貼り付けは仕方なく、YouTube で

14/03/24

(執筆直後 追記)

やはり、動画の閲覧には、ストリーミング再生機能もあるYouTubeはんには、かないそうもありまへん。

動画貼り付けのショートコードを使う方法を書いていたが、YouTube のものに変更

あぁ、わての苦労はいずこへ。

(追記 ここまで)






備忘録祭りの一環。


新しいシリーズものを始めたりしてるので、過去のんもぼちぼち簡潔に向かわせんと、と思い、1ヶ月ほっとたらかしだった、「動画キャプチャ」を最速でブログに貼り付けるやつをば。


前回まで

勝手に振り返りをば。



(動画キャプチャを最速貼り付けへの道①)アプリのホットキー設定〜デスクトップに動画ファイル保存 | さぶの部屋


まず、動画キャプチャの環境を整える。
これは問題なし。



(動画キャプチャを最速貼り付けへの道②)動画ファイルは「Shortcodes Ultimate」で? | さぶの部屋


たびたび、お世話になっている、超優良プラグインの「Shortcodes Ultimate」を使用して、動画を貼り付ける方法を試す。

MarsEdit のアップロードのカスタマイズ機能で、


8fdd42e9ac55d24a0b1ae0801cb83fc3
を作るスニペットを作ってしまえば、画像と同様に、動画もドラッグ&ドロップで貼付けできるんじゃないかと考えた。

・・・



しかし、ここでつまづく・・・

いろいろとテストしてみたが、MarsEditの仕様で、動画をアップした際には、カスタマイズした設定が反映されず、必ず「その他デフォルト」(?)の設定になってしまうようである。



ほな、YouTube でええか


という結論に。


TextExpander のスニペットでやる方法も試してみたが、動画のアップロードの遅さ、そして閲覧の快適度から見て、やはり、天下のYouTube に劣りまくる。

よって、やむを得ず却下。



ただ YouTubeの場合、

・タイトル等の情報の入力
・別ウインドウのアップロード待ち
・動画URLのコピー→ペースト


という手間がいる。
が、慣れてしまえば、そないに負担にもならんでしょう。

(むしろ、別ウインドウでのアップロードだから、作業を並行して行うという点で、ベターかもしれぬ)



おまけ


ボツになった方法。
なかなか、ええと思ってたんやけどなぁ。(泣)
YouTubeはんには、かないまへん。








次回の④では、流れを振り返って、完結としよかな。
(という過去記事の焼きまわしの手抜き記事・・・)




140324


動画での 自分の声に 違和感が


今日は、南三陸の温泉に来ている。そして、
明日は、宮城温泉めぐりのフィナーレ、「松島温泉」へ。
Better & Better.



日本人のための憲法原論
日本人のための憲法原論

 どんなに立派な独立宣言があり、憲法の条文があっても、それが慣習として定着していなければ、その憲法はただの紙切れです。憲法は慣習法であり、成文法ではないのです。そして、憲法を生かすも殺すも、結局は国民次第だということです。
 国民が憲法の精神を慣習として定着させようと努力すれば、合衆国憲法のように最初は死んでいたものが生き返る。逆に、ワイマール憲法の例のように、国民の代表である議会が独裁者に全権を委任してしまえば、憲法は死んでしまう。
30


Read more...

(ギャラリー自作への道①)テーマのデフォルトのギャラリーに「ええい!」となる

14/03/23

ふと、「これ作ってみよかな」と思ったのが、災いしてか(?)また新たなシリーズものをスタートするハメになりますた。

自分が過去に作った、シンプルな引用スライドをギャラリーに設置しようと思ったのだが、挙動がうまくいかない。

なので、ギャラリーも自作してやれ!と、ついさっき(10分ほど前)に思い立った。
一気につくり上げるのは、例のごとく大変かつ、分散学習のが効率が良いのでねぇ。


む?なぜ、これに取り組むかって??



そう、これもまた、

Another 自己満足







スーパー化粧なんて、自己満以外の何者でもないぜ。



Anyway,



このブログのテーマとして利用させていただいている「Simplex」。
なかなかシンプルかつ、機能的であり、お気にのものだが、デフォルトの「ギャラリー機能」が少し、煩わしいと感じるのが本当のところだ。

少し、思考整理も兼ねて、今の問題と、目指すべき方向をメモしておこう。



現在のギャラリー機能の問題点




厳密な区分ができない


わての希望としては、「写真」、「作品」(自分が作った絵・マインドマップ・スライドなど)、「動画」という3つのギャラリーを作っておきたい。

が、デフォルトの機能では、そのような使い回しが難しい(少なくとも、140323現在のわての技量では)


現在のギャラリーの分類は、厳密に場所を区分しているわけではなく、「サムネイルの大きさ」で区分しているだけにすぎない。
(サムネイルの異なる大きさのものを指定していないと、一覧には表示されないという仕様を利用している)

作品(仮) | さぶの部屋


これは少し気にかかっていたところ。


↑に関連して、せっかく用意してある「カテゴリ分類」の機能も使いづらい。



スライダーが変な挙動


これはついさっき発見したりけり。

ちょくちょく、管理画面でも、変な動作があったのは大目に見てきたが、実際の表示画面でも、挙動がおかしくなるのは、いただけない。


↓スライダー(?)部分が、変な感じで点滅してしまう。

ZenQuote 1-10| さぶの部屋



一覧画面のレイアウトを変更できない


おそらく、テンプレートで決まっちゃってるので。

レスポンシブ・デザインであり、ホバーでタイトルが表示される(JS系?)のもなかなかクール。しかし、テキストを入れたりしたくなった時に対応ができない。

この点も不自由。



ギャラリー閲覧画面の固定枠、いらん

こちらも、テンプレートで決まっちゃってるがゆえに、変更できない悩み。

PHPをいじれば、うまく配置できるとは思うのだが、画像とかの連携とか、即雑極まりなく、いじったら、爆発(?)しそうなので、そんなんできまへん。

ギャラリー(場合によってはスライダー機能付き)と、簡単な説明を入れれる箇所だけあればオケ。



解決方針


これらの問題は、↓でなんとか自作でも満足できるレベルのものは作れるんじゃないかと、思う。(なんとなーく)


・ギャラリーは、Page で作成。配置は、Shortcodes Ultimateで

・スライダー機能等は、Shortcodes Ultimate で

・カテゴリ分類をしたければ、ギャラリー用のプラグインを調べる
(多分、やらない。時系列に貼り付けていくだけなので、ベタ貼りしていくだけでよいと思われ。)

・ギャラリー閲覧画面も Shortcodes Ultimate で配置



うむ、これも Shortcodes Ultimate さまさまになりそうだ。
満足いくレベルに仕上がるまで、結構時間かかると思うけども、じっくりゆっくり取り組んでいきまっしょーい♪♪


140324


ギャラリーを 作るぞ増やすぞ ギャラリーを



今日の句↑なかなか、うまいんちゃう?
Better & Better.




日本国憲法の問題点
日本国憲法の問題点

 国家はどんな理由があろうとも、どんな逆境にあろうとも、どんな困難が待ち受けていても、国民の生命、自由そして幸福追求の権利を守るべし。何が何でも、国民の権利を保証せよ!
 憲法は国家にそう命じているのである。
 このことは何度強調してもし足りないが、憲法とは国家権力を制限し、国民を守るために生まれたものである。
 したがって憲法の主たる目的は、国家権力への命令である(『痛快!憲法学』第二章参照)
35



Read more...

(小室メモへの道①)ことはじめにリンク画像を半沢直樹風につくる

14/03/22

今日は、「以前から作っておきたかったんだよ」シリーズの一環。


三宅が、イチオシしている、破天荒の天才学者、「小室直樹」。
毎日、少しずつ著書を読むようにしているのだが、それプラス、
抜き出しした文章を、まとめておくコーナーを作りたいと思った。


単なる情報のメモなら、Evernote だけでもいいのだが、やはりアウトプットを意識した方が学習効果が高いと、140322現在、考えているので、Evernote のメモと、それに関連する意見をつける方がBetter かなと


うむ、その通り。自己満足のコーナー設営以外の何者でもありまへん。わっはっは!



まずは、ことはじめにリンク画像をば

一気に作るのはしんどいから、いつものように、ステップ by ステップで。

小分けにする方略、大好きです。わし。


どんな画像にしようかと思っていたら、「半沢直樹」のロゴジェネレーターのサイトを発見!!


半沢直樹風文字のロゴジェネレーター-つぶデコ テンプレート



「小室直樹」と、相性が良さげなので(?)、これを採用。

こんなんにしてみた。サイドバーに入れることに。

N93532d4463d232c 2


それにしても、半沢直樹は流行ったよなぁ。
正確にいうと、流行るように、マスコミが仕掛けたんやと思うけども。











ほとんど、完成イメージはできてるけども、次回の②は、どんな感じの画面をつくりあげようかということをもちょい練ろうかなと思ってるぜよ。

(時間があって、気が向けば・・・)


それにしても、幸福の科学の大川詐欺師隆法は、
こんな”霊言” まで出してやがるからなぁ。
宗教やからって、何やってもええってもんちゃうぞ。


Amazon.co.jp: 小室直樹の大予言―2015年中華帝国の崩壊 (OR books): 大川 隆法: 本





140322


小室はん 生きてりゃ怒りは 倍以上


昨日、わりとゆっくりと休んだので、今日は快調、快調。
Better & Better.



偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)
偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)

 命題一 愛はかならず憎しみとなる。しかも、この憎しみは、愛が強ければ強いほど強くなる。ゆえに、愛がもっとも強い親子のあいだでは、憎しみもまたもっとも強烈である。
 この命題(文章)から、つぎの命題が導かれる。
 命題二 親子のあいだの本来の関係は殺し合いである。ゆえに、ほうっておけば、親子は、殺し合いをはじめとする、ありとあらゆる暴虐な行為をしかねない。
(中略)
 命題三 親子のあいだの殺し合い、その他の暴虐な行為を防遏(ふせぎとめる)しようとすれば、かかる紛争処理のための制御因子がどうしても必要となってくる。
(中略)
 命題三の対偶 親子のあいだの紛争処理のための制御因子が存在しなければ、(親子のあいだで)殺し合い、その他の暴虐な行為をさけることはできない。
22-24


Read more...