(小室音声メモへの道①)読書時間を稼ぐため、やるかなぁ

14/04/04

やっぱり、農作業を終えて帰ってきて、
メシを食うて、「さぁ、自分の時間や!」と思っても、
いざ、部屋に帰ってくると、放心状態が続くわてであります。

気持ちはあるが、体がついて行ってないのかな。
いやいや、新環境に慣れてないだけや。

とはいっても、現在のわては、百姓見習い。農業の知識・技術の習得を最優先にしないといけない、4月からのわて。

今までよりも、元気に読書をする時間はどうしても少なくなってしまう。


はて、どうするか?



自作オーディオブックもどき?


を作ってみようかなと、つい先程(30分くらい前)思い立った。

小室直樹はんの書籍を、自分で音声メモに吹き込み、それを寝る前や、疲れてボーとしてしまう時間に聴くというもの。


どこで切るべきかとか、効率的な情報の保持のための聴き方等も考えるべきなので、これまたシリーズものにしてみようと思う。



著作権系の問題?


が少しあるかもしれないと感じたので、140404現在の考えをメモ。

一応、著作物をコピーする行為にあたるので、少し情報の取り扱いにいについては注意する必要があるだろう。

ただ、自分が購入したものを個人で加工して使う分には、全然問題ないと思う。

「購入書籍の吹込み→個人での利用」に問題があるとするなら、世にあふれる、「自炊」なんて、こりゃ、完全にアウトやろ。

と思うので、まぁやってもいいっしょ。

小室直樹氏の残した言論に共感する人なら、「小室はんも許してくれるやろ」というハズ。たぶん。

次回移行、具体的方法の模索


140404


疲れても 音声メモで 本タイム


明日は、初の「朝の収穫」。
6時起きです。うっひゃー
Better & Better




偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)
偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)

 命題一 愛はかならず憎しみとなる。しかも、この憎しみは、愛が強ければ強いほど強くなる。ゆえに、愛がもっとも強い親子のあいだでは、憎しみもまたもっとも強烈である。
 この命題(文章)から、つぎの命題が導かれる。
 命題二 親子のあいだの本来の関係は殺し合いである。ゆえに、ほうっておけば、親子は、殺し合いをはじめとする、ありとあらゆる暴虐な行為をしかねない。
(中略)
 命題三 親子のあいだの殺し合い、その他の暴虐な行為を防遏(ふせぎとめる)しようとすれば、かかる紛争処理のための制御因子がどうしても必要となってくる。
(中略)
 命題三の対偶 親子のあいだの紛争処理のための制御因子が存在しなければ、(親子のあいだで)殺し合い、その他の暴虐な行為をさけることはできない。
22-24


Read more...