(木村秋則自然栽培ふれあい塾②)4月の塾の気付きなど

14/04/25

今日は、みちのく銀行主催の「木村秋則自然栽培ふれあい塾」の2日め。

(実は、後日に執筆しているとか、そんなことは決してない)


初めて出会う人と、いろいろと農業や経営について、話しあったりして、いろいろと気づきもあったので、自分にわかる程度に、ささっと備忘録る。



気付き


・自然栽培の仲間のネットワークは大切

・情報発信において、「自分は何をしているのか」を示すことは大切

・目標は点で定めて、「それに対して、どれくらい近いかどうか」を見るようにするのはええかも。
(⇔ cf. 「成功 or 失敗」)

・アピールの蓄積で、「講演者」にもなりうる。


ざっと、こんなものかな。
やっぱり、新しい人との出会いは刺激になるなぁ。



140425


視点変え 受講者全員 講師なり


また来月の、塾が楽しみ。
Better & Better



偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)
偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)

 この2、3年、燎原の火のごとく全国に荒れ狂う家庭内暴力、校内暴力。これを見て、ああこれでデモクラシーも終わりだ、日本はハルマゲドン(世界最終戦争)に直面しているのだと、獲麟に筆を断つ者が1人もいないとしても、彼らの不見識をせめるのは、酷であると言わざるをえないだろう。
 ドイツの歴史学の泰斗(一番偉い人)ランケが言うがごとく、世界史の大事件が起こった時点においては、誰もその、致命的重要性に気づかないものなのだ。
 その1つのサンプルを、われわれは、現代日本に見る。
 現代日本の教育は、恐るべき危機に直面している。
14


Read more...

(木村秋則自然栽培ふれあい塾①)初の木村氏。エネルギーすごし

14/04/24

ちょいとブログをさぼっていて、後日にまとめて書いてるとか、そんなことはありまへんよ。笑


木村秋則自然栽培ふれあい塾に行ってきたという話。

これね。
木村秋則自然栽培ふれあい塾


まぁ、全国を講演などで回っており、大変なはずが、とってもエネルギッシュなことったら。


聞いた話のいろいろをアウトプットがてら、書いておきたいのはやまやまだが、みちのく銀行の方から、「指導内容の公開は控えてください」というご注意があったので、控えるぜよ。
(分量が減ってラッキー。。。ん?)


開講式の写真だけでも貼り付けて、今日のところはこのへんで。


F2584a34f941491bcd9d2342fdbcf628


140424


木村氏の ふれあい塾を 始めたよ


何にしても、新しいことは気付きが多いものどす。
Better & Better



偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)
偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)

 家庭内暴力は古代からあり、いかなる聖天子といえども、これを免れることなどできっこない。
 ということは、親子殺し合い家庭内暴力の萌芽は、いかなる理想的家庭にもあり、ちょっとでもそのチャンスが与えられるや、たちまち発育し、開花結実して現実のものとなる、ということである。
 このことがもつ身の毛もよだつほどの恐ろしさは、親子殺し合いという家庭内暴力の萌芽は、なんとかしてそれをふせぎとめようとの、親子双方の必死の努力と誠意にもかかわらず、実現化してしまうというダイナミズムを有するということである。
45


Read more...

(MT理解への道①)思いたち

14/04/23

青森に来て、初めてのカーは、MTのSUZUKI のエブリィに乗っている。


毎日、運転するのがなかなかに楽しい。
めんどくさがり屋のワガハイではありますが、以外と、めんどくさいミッションを好きになれるかもしれんのぉ。



仕組みはよくわからない


とはいっても、ちょっとした操作ミスでエンストになってしまったり、ショックが大きい運転(車に負担がかかる運転?)になってしまう仕組みは全くもってわかりまへん。


ということで、機械に強くなっていくためにも、ミッションの仕組みを少しずつ学習していってみようと思う。

「自分が現在使用しているもの」のメカニズムを少しずつ知っていく。
これ、とっても大事。



140423


エンストは 回避可能だ しかしなぜ?


明日は、ついに、木村秋則氏と出会えるイベントなりけり。
できるだけ、多くを学んで帰ってきまふ。
Better & Better



危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)
危機の構造―日本社会崩壊のモデル (中公文庫)

現代社会のように、高度に機能分化した社会にあっては、社会課程がスムーズに進行しうるかどうかは、一に、機能的紛争を解決しうるかどうかにかかっている。社会の機能的要請は、多くの機能集団により分担され、しかもこの機能集団は複雑多様であり、独自のメカニズムで作動するから、機能的紛争の生起は不可避である。しかも、社会全体における機能的要請の達成は、これら多くの機能集団間の分業と協働によりはじめてなされる。ゆえに、機能的紛争を未解決のまま放置すれば、社会課程の進行は阻害され、所期の結果は達成されえない。
61


Read more...

(百姓生活リズム考察②)寝る前の時間に頭使う作業は厳しい

14/04/22

常々感じている事。


ここ最近は、ブログの更新は、夜の寝る前に行っている。
が、正直、書こうと思ってストックしている内容を書くだけのエネルギーは残っていなことが多い。

今日も、フラフラとした状態で、好きな音楽を聴きながら、なんとかテンションを上げながらの執筆である。


もちょい、はやい時間に、ブログの執筆を済ませておくようにしないとなぁ。


やっぱり早朝にするべきかなぁ。


ただ、夜の寝る前の時間帯(22時〜24時)は、無理やりテンション
を上げて、ゴリゴリと情報の書き写し(読書メモ等)はできそう。

それ系の作業をする時間にする方がいいのかなぁ。


・・・
という徒然日記でした。



140422


寝る前は 感情有意 理性アカン


まだまだ、やっておきたい事が終わりまへん。
でも、ToDo が多いという事は、ハッピーなこと。
Better & Better



偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)
偏差値が日本を滅ぼす―親と教師は何をすればいいか (カッパ・ビジネス)

 家庭内暴力は古代からあり、いかなる聖天子といえども、これを免れることなどできっこない。
 ということは、親子殺し合い家庭内暴力の萌芽は、いかなる理想的家庭にもあり、ちょっとでもそのチャンスが与えられるや、たちまち発育し、開花結実して現実のものとなる、ということである。
 このことがもつ身の毛もよだつほどの恐ろしさは、親子殺し合いという家庭内暴力の萌芽は、なんとかしてそれをふせぎとめようとの、親子双方の必死の努力と誠意にもかかわらず、実現化してしまうというダイナミズムを有するということである。
45



Read more...

(腰対策への道①)おもいたち

14/04/21

腰対策をせなあかん、
と思い立って、またまたシリーズものをば始める


農作業は、かがみしごとが、どうしても多くなる。
そのため、何かしらの腰対策をいろいろ試してみようかなと思っている。


長く、楽に、かつ体を維持できるようなツールを、試行錯誤しながら試していくぜよ。


140421


人間は 二足歩行で 腰痛もった


体も心も健康に
Better & Better



日本人のための憲法原論
日本人のための憲法原論

「刑事裁判とは、検察、すなわち行政権力を裁く場である」というのは近代裁判の大前提なのですが、これもまた日本人のよく理解できていないところです。
 日本人というのは、裁判を「真実を明らかにする場」と考えています。裁判にかければ、どんな悪事も暴かれて、真実が満天下に暴露されると純情にも信じています。
 しかし、それは近代裁判では通用しない。そもそも近代裁判では「真実の追求」なんて、本来の目的ではないのです。極論すれば、真実なんてどうだっていい。事件の真相など、知る必要はない。
43


Read more...