5月の木村秋則自然栽培ふれあい塾

14/05/21

Facebook の記事を貼り付けるだけの、超絶手抜き(笑)

でも、一応、写真とかもつけてるのよ〜











140521


FBに 埋め込みコード あったのか


どんな見た目になるのやら。
Better & Better



中国共産党帝国の崩壊―呪われた五千年の末路 (カッパ・ビジネス)
中国共産党帝国の崩壊―呪われた五千年の末路 (カッパ・ビジネス)

 それにしても、往年の日本人の毛沢東崇拝、中国礼賛は、今こそ思い出しておく必要がある。
 経済の「大躍進」「文化大革命」のときすら、大多数の日本人の批判精神の欠如は、まさに奴隷的そのもの。日本人がだれでも自由に「大躍進」は失敗であったと言えるようになったのは1862年はじめ、毛沢東じしんが厳しく自己批判した後であった。多くの日本人が、毛沢東理論を否定できるようになったのは、やっと1980年3月の「歴史決議」によって、毛沢東批判がなされた後であった。それ以前における中国関係の著書や論文。ことごとく廃棄したい衝動にかられない者は稀であろう。
 しかも、本書の著者は、右の論文、著述が誤りであると言っているのではない。
 毛沢東は偉大なる指導者であり、毛沢東の指導によって、中国は栄光ある発展の軌道にのった。
 これは正しい。
 毛沢東の指導によって、中国は破滅への道を驀進するようになり、もはや「絶望」である。
 これも正しい。
 著者はこう思う。それらは、いずれも毛沢東思想が内包する、端的に二極的な尖鋭なる矛盾の自己展開過程の結果なのである。
3-4


Read more...