自分の見える世界が

14/09/16

客観的な世界とは思うな。


自分への戒め。



日本国憲法の問題点
日本国憲法の問題点

 では、現在行われている最も深刻な「日本国憲法違反」とは何か。
 それは第一に、憲法第13条の違反である。
 国民の自由、平等、財産を保証する第13条こそ、日本国憲法の生命(最重要条項)である。
 だが、今の日本では第13条が踏みにじられても誰も気にする人がいない。地価が暴落し、ゼロ金利が続いた結果、国民の資産が吹き飛んでも、それを「日本国憲法違反」だと指摘する声はいっこうに上がらない。
 さらに重要なのは憲法第98条2項の違反である。この憲法違反に至っては、そのことに気が付いている人さえいない。日本国政府は国際条項に違反し、憲法に違反しているだけではなく、有事における日本国民の安全の権利をないがしろにしている。これほど由々しいことがあろうか。
 これほど致命的な違反が現に行われてながら、なぜ誰も問題にしないかといえば、結局のところ、現憲法が日本国民自らの戦いの中から生まれたものではなく、敗戦の結果、アメリカから押しつけられたものであるからに他ならない。ゆえに日本国民は本気になって憲法と取り組むことがなかった。
 本書の目的は、日本国民がかかる機運を起こすための起爆剤となることにある。
2-3



Read more...