農業の流動化・大規模化の流れ、オツ

14/09/24

農業委員会を改革して、規制を撤廃。


企業や、農業生産法人が参入しやすいカタチに。



これはモロ、法人に農業をしていく流れっしょ。
TPPと連動した流れであることは火を見るよりも明らか。


これが指し示す意味をよくよく考えねばならない。






140302 日経

www.nikkei.com/article/DGXNASFS01022_R00C14A3MM8000/?dg=1
 政府は農地の売買や貸し借りの許可をする市町村の農業委員会について、農業委員を地元農家から選ぶ制度を2016年度にもやめる方向で検討する。首長に任免権を与える案などが浮上している。農業委員会に地元農家以外の声も取り入れ、農地の流動化を進め大規模化を促す。新規参入の壁となっていた農業委員会の改革で、企業や農業生産法人は広域で農業を展開しやすくなる。

Read more...