財務省「35人→40人」 合理じゃだめだ、教育は 

14/10/23

財務省が「いじめや不登校に対して、35人体制にすることは意味がないじゃないか!」ということで、
40人学級に戻すことを要求している模様。


文科省は反対している模様。


まぁ、予算の削減って面からすれば、人数減らした方がいいと思うけども。



わては、もっと少人数にしていくべきやと思っているの、これには反対。
大学時代、ゼミで「小人数で、問題少なくなる」という調査はいっぱいあったような気がするが。


まぁ、40人でも35人でも多すぎっしょ。





141023 NHK
www3.nhk.or.jp/news/html/20141023/k10015624931000.html
財務省 35人学級を40人に戻すべき10月23日 6時09分

公立の小学校で導入されている35人学級について財務省は、いじめや不登校などで目立った改善が認められないとして、40人学級へ戻すよう見直しを求める方針です。
これに対し文部科学省は、教育の質の向上などにきめ細かい指導体制が欠かせないとしていて、年末の予算案の編成で難航も予想されます。
公立小学校の35人学級は、入学直後にきめ細かな指導をするため、平成23年度から1年生の児童を対象に導入されています。
その効果について財務省が検証した結果、1年生とほかの学年を比べたいじめや不登校の発生割合は、導入前の5年間の平均で、いじめが10.6%、不登校が4.7%だったのに対し、導入後の2年間は、いじめが11.2%、不登校が4.5%となり、目立った改善がみられないとしています。
そのうえで、従来の40人学級に戻した場合、必要な教職員の数はおよそ4000人減り、国の負担はおよそ86億円減らせると試算しています。
財務省は、厳しい財政事情のなかでは40人学級に戻すべきだとして、今月27日に開かれる財政制度等審議会にこうした見直しの案を示すことにしています。
これに対し文部科学省は、教育の質の向上などに35人学級のようなきめ細かい指導体制が欠かせないとしていて、年末に向けた来年度予算案の編成過程で難航することも予想されます。

Read more...