エイズの対策アゲ

14/11/22

WHOが「エイズの対策を!経済的に貧しい人にも!」といい、
エイズの対策の強化を推進しているとかしていないとか。


ふむふむ。


キチガイ医のU医師は、「WHOは、みんなを殺そうと一生懸命頑張っている組織」とかいうてたなぁ。







141201 NHK
子どもなどへのエイズ対策加速を
www3.nhk.or.jp/news/html/20141201/k10013626961000.html

「世界エイズデー」に合わせて、国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長は声明を発表し、国際社会に向けて、貧困などで治療を受けられない子どもたちなどへの対策を加速させるべきだと訴えました。

「世界エイズデー」はエイズのまん延防止と、患者への差別や偏見の解消を目指してWHO=世界保健機関が12月1日と定めたもので、この日、世界各地でエイズに対する理解を深める啓発活動が行われます。
WHOによりますと、エイズウイルスに感染している人は、全世界で3500万人以上で、去年は、150万人余りの人々が、死亡しました。
WHOは、エイズウイルスに感染した場合の治療法として、エイズの発症を遅らせることができるとされる抗ウイルス薬などの投与を推奨しています。
しかし貧困などからこうした治療を受けられるのは患者全体の36%にとどまり、子どもの患者でみると、4人に1人にすぎないということです。
このため国連のパン・ギムン事務総長は、「世界エイズデー」に合わせて声明を発表し、「対応が特に必要な人々への取り組みには差がある」として国際社会は、効果的な治療を受けられない子どもなどへの対策を加速させるべきだと訴えました。

Read more...