「若い世代も北方領土問題を!」はおおきなお世話

14/11/25

北方領土の問題に関心をよせるのは高齢者が多くなっていることを受けて、

「若い人も参加を!」と呼びかける声 by 沖縄・北方担当相。


いやいや、大きなお世話やから。


なぜ、政府が特定の方向に政治の関心を向けようとする?





141201 NHK
www3.nhk.or.jp/news/html/20141201/k10013621611000.html
北方領土の返還要求運動 幅広い参加を

山口沖縄・北方担当大臣は、東京都内で開かれた北方領土の返還を求める街頭活動の出発式に出席し、元島民の高齢化が進んでいることを踏まえ、若い世代も含めて幅広い国民が参加する返還要求運動の推進に全力で取り組む考えを示しました。

この街頭活動は、終戦後の昭和20年12月1日に、当時の根室町長が北方領土返還を求める陳情書を取りまとめたことにちなんで、平成19年から毎年行われていて、1日、東京・中央区で開かれた出発式には元島民や支援者など、およそ500人が参加しました。
この中で山口沖縄・北方担当大臣は、「来年は戦後70年となり、元島民の高齢化が深刻化している。より一層若い世代に対する広報・啓発活動に取り組むとともに、関係団体との連携をさらに密にしながら、すそ野の広い返還要求運動の推進に向けて全力で取り組んでいく」と述べました。
この後、街頭活動の参加者たちは、東京の銀座周辺の2キロ余りを、「北方領土の返還を求めよう」などと声を上げながら行進しました。

Read more...