GMO概要

14/12/24

こういうトコロから、まずは知っていかないと☆☆☆





140227 内海
touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-286.html
遺伝子組み換え食品

遺伝子組み換え食品とは生物に遺伝子操作を行い、新たな遺伝子を発現させたり、別の遺伝子を入れ込んだりすることで新しい形質が生み出された生物、そしてそれが食品となっているものの総称です。現在の具体的な生物としては除草剤耐性、虫に対する毒性の確保、貯蔵性増大などを持たせています。

遺伝子組み換え食品は世界中で増加傾向であり、その大手を担っているのがモンサント、シンジェンタ、デュポン、リマグレインなどの外資系です。遺伝子組み換え食品を利用すべきか、安全かそうでないかについては世界中で議論になっていますが、もちろんのこと非常に危険ですがニンゲンに理解するのは困難です♪。

遺伝子を具体的に改変発現させる場所としてプラスミドという場所が基本となっています。遺伝子組み換え食品を作る具体的な方法として現在の主要な方法は、パーティクル・ガン法とアグロバクテリウム法がありますが、後者の方が安価で使われやすいとされています。遺伝子組み換え食品の危険性を考えるときは、それに使われる農薬(たとえばモンサント社のラウンドアップなど)とセットで考える必要があります。

Read more...