農薬 概要

14/12/26

有機リン、ネオネコチノイド。


まずはこのへんの言葉に馴染みをつけていくかな〜〜





141014 内海
www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/700665490017207
農薬

有機リンは農薬の一種で、炭素−リン結合を含む有機化合物の総称。第二次世界大戦前後から殺虫剤として農薬に使われた。 人に対する神経毒性が高い化合物が多く神経ガスとしてサリンなどが開発。主な使用場所として、木材防腐剤(テトラクロルビンホス、フェニトロチオン、プロペタンフォス クロルピリフォス、ホキシム、ピリダフォンチオン、等)が使用、防虫剤などにも入っている。電車、バス、タクシー、航空機などの、車内、機内、消毒にも使用。塩化ビニール、ウレタンフォーム、エポキシ樹脂、アクリル樹脂、の可塑剤、難燃剤、ガソリンの添加剤、潤滑油添加剤などとして使用。

ネオニコチノイドはシナプス部分の後膜に存在する神経伝達物質アセチルコリンの受容体「ニコチン性アセチルコリン受容体 (nAChR)」に結合する神経毒。有機リン系の後釜として登場。ネオニコチノイド系の農薬の一つアセタミプリドMRLのリンゴに対する使用基準は、EUが0.1pp、アメリカが1.2ppm。日本は 5ppm.イチゴについては、EUは0.01ppm、アメリカは0.6ppm。日本は5ppm。茶の葉についてはEUの使用基準が0.1ppmに対して、日本は50ppm(一昔前のデータ)。海外ではこのネオニコチノイドがミツバチの激減に関係あるとされ、使用禁止に。禁止の対象はドイツの化学・製薬大手バイエル(Bayer)製の殺虫剤「イミダクロプリド」と「クロチアニジン」、スイスの農業バイオ大手シンジェンタ(Syngenta)製のチアメトキサム。

ラウンドアップは、1970年にアメリカ企業のモンサント社が開発した除草剤(農薬の一種)。遺伝子操作により分子育種されたラウンドアップに耐性を有する作物(遺伝子組み換え作物)が主流として育てられている。ラウンドアップレディーと総称される。ラウンドアップには植物の成長に必要なアミノ酸生成をストップさせる作用がある。ラウンドアップもっとも懸念されているのは発癌性。ある調査によればラウンドアップを使用している地域では非ホジキンリンパ腫がその使用量と比例して増加する。フランスのカン大学の分子生物学者ジル=エリック・セラリーニ(Gilles-Eric Seralini)が率いた調査団の研究で、ラウンドアップが人間の胎児・胎盤・臍帯細胞にとって有害なことを証明。セラリーニの調査では、ラウンドアップの人間の細胞に対する有毒性は、農場や芝生に散布する際の希釈レベルよりもずっと薄めた(10万倍薄い濃度)ものでも証明された。

Read more...

GMO弊害

14/12/25

こんなものが大手をふって、普通に使われている。

実質的同等性とか、そんなん信頼できる?






141014 内海
www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/700666106683812
遺伝子組み換え食品の三大障害

1・腫瘍
フランスのカーン大学のセラリーニ氏は、遺伝子組み換えトウモロコシを食べさせる700日間のラットの実験を秘密裏に行った。それによると、対照群の死亡率が2倍~3倍になり、雄雌共に腫瘍の大きさが2倍~3倍になったという(遺伝子組み換えトウモロコシを食べさせていない群)に対し、実験群の雌結果が出ている。雌で、7か月目で乳腺に腫瘍ができ、最終的には全体の70%が早期死亡。雄では4か月目に肝臓障害が起き、全体では50%が早期死亡したと結論。対照群の早期
死亡率は雌で20%、雄で30%(元々、腫瘍を作りやすいラットであるため)。この、
雌で7か月目、雄で4か月目で障害が現れたという点は重要であり、何故なら、モ
ンサント社の実験は3か月間しか行われていないから。腫瘍が現れる前に安全宣
言をしているということになる。

2・アレルギー
2011年の話だが、カナダで、妊娠した女性の93%、80%の胎児から「遺伝子組み
換えトウモロコシ」の有毒成分(Cry1Ab)が検出されたことを確認。この有毒成
分とは、一般にBt毒素と呼ばれる殺虫成分。Cry1Abは、「Journal of Hematolog」
によると赤血球を損傷すると言う実験結果もある。組み換えられたμRNA自体を取り込んでしまうということもわかっており、その結果、異物と判別され免疫システムが攪乱。ガン、白血病、神経系、アレルギーなど免疫系の病気を引き起こす。最も危険なのは、胎児や新生児。

3・不妊症
アメリカ環境医学会(AAEM)では、動物実験や家畜への影響調査で、遺伝子組み換え食品によって生殖関連の障害が発生することが判明と発表。また、遺伝子組み換え大豆を食べたラットの睾丸は正常なピンク色から暗い青色に変色、雄のラットの精子が変化(去勢)した、遺伝子組み換えトウモロコシを与えられたラットは、子供の数が少ない、生まれた子供の身体も小さいという実験結果。

Read more...

GMO概要

14/12/24

こういうトコロから、まずは知っていかないと☆☆☆





140227 内海
touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-286.html
遺伝子組み換え食品

遺伝子組み換え食品とは生物に遺伝子操作を行い、新たな遺伝子を発現させたり、別の遺伝子を入れ込んだりすることで新しい形質が生み出された生物、そしてそれが食品となっているものの総称です。現在の具体的な生物としては除草剤耐性、虫に対する毒性の確保、貯蔵性増大などを持たせています。

遺伝子組み換え食品は世界中で増加傾向であり、その大手を担っているのがモンサント、シンジェンタ、デュポン、リマグレインなどの外資系です。遺伝子組み換え食品を利用すべきか、安全かそうでないかについては世界中で議論になっていますが、もちろんのこと非常に危険ですがニンゲンに理解するのは困難です♪。

遺伝子を具体的に改変発現させる場所としてプラスミドという場所が基本となっています。遺伝子組み換え食品を作る具体的な方法として現在の主要な方法は、パーティクル・ガン法とアグロバクテリウム法がありますが、後者の方が安価で使われやすいとされています。遺伝子組み換え食品の危険性を考えるときは、それに使われる農薬(たとえばモンサント社のラウンドアップなど)とセットで考える必要があります。

Read more...

看護系学部が増加・・・

14/12/23

ええ、つまりはそういうコトです。



病人がドンドン増えていくということです。。。





140326 読売
www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=95469&from=tw
看護系学部が増加…「手に職」志向で志願者増

 看護系の学部・学科を設置する大学が全国的に増えている。今春新設する16校を含めると226校で、全大学の3割に上る。
 看護師は医療現場のニーズが高く、不況による就職難もあって志望者も上昇傾向だ。学生を獲得したい大学にとっても期待できる分野で、来春も新設が相次ぐ見通しだ。
 文部科学省によると、看護師国家試験の受験資格が得られる学部や学科を持つ大学は1991年度には11校だったが、95年以降は毎年10校のペースで増え、20年で7倍以上になった。
 看護師不足を受け、国は92年に看護師等人材確保促進法を施行、資の高い看護師を養成する看護系大学の設置を促した。こうした背景から短大や専門学校を母体にした看護系大学や学部が誕生、既存の大学でも学部新設の動きが進んだ。
 今春の新設数は2006年度の17校に次いで多い。敦賀市立看護大(福井県)など3校が単科大学として新設され、奈良学園大(現奈良産業大、奈良県)など、これまで医療系学部がなかった大学も新規参入する。



Read more...

ワクチンのデータ(うつみん)

14/12/22

まぁ、ワクチンの効果が確認できる例と合わせて、客観的な比較をしてみたいものどす。





141107 内海
www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/693158297434593


ワクチンのデータ
 マサチューセッツ州では、1989年以降ワクチンで42人の子供が亡くなった
ワクチン接種で死亡した子供の98%が接種から10日で亡くなっている

その1/3は24時間以内で亡くなっている
2011年だけでも120人もの重篤な副作用を起こしている 
47人が緊急救命室に入り11人が入院
米国に約20万から30万いるといわれるアーミッシュ
300年前のドイツ系移民、病院にいかないしワクチンも打たない
自閉症がいないしアレルギーも喘息もいない
アーミッシュの町やコミュニティーで感染症が大流行したこともない
麻疹ワクチン打っているのに50%が麻疹を罹患
イスラマバード市内の病院は運ばれてきた麻疹の子どもたちの50%以上は以前に予防接種を受けてきた
Tabish Hazi博士は、暗黙的にワクチン接種プログラムは予防接種の効果がないことを述べる
ちなみに日本も同じ
アメリカの自閉症率1/50
喘息の率1/6
米国で4歳までに死亡や重症の病気に罹る割合
重症の病気
ワクチン接種3400人に1人
ワクチン未接種480000人1人
死亡
ワクチン接種3400人に1人
ワクチン未接種人108000に1人

Read more...