オール電化とか

15/01/06

便利で体に悪いもの、everywhere



141031 内海
m.facebook.com/story.php?story_fbid=709323895818033&id=100002212881426
電磁派

電磁派といえば電気商品ですが、電気関連と健康で最も厄介なのはオール電化でしょうか?オール電化火災を出さないは嘘で、油が火をふくIH火災は多発しています。オール電化は省エネというのも嘘で、ガスはオール電化に比べ半分で済みます。オール電化は温暖化を防ぐというのも嘘で、オール電化はそうでない家に比べ約1.7倍CO2を排出します。現在300万世帯以上がオール電化住宅だといわれていますが、2002年から2007年にかけ、オール電化の国民生活センターに寄せられた苦情は約6倍となっています。

IHクッキングヒーターはその中でも最も弊害の大きい商品で、IHクッキングヒーターは数百ミリガウスに達するレベルです。ちなみに4mGの電磁波被曝により、小児がんは5.6倍に増加します。ガン増殖スピードが最大24倍に増えるというフィリップス博士の研究もあります。携帯電話も長期使用によってグリオーム(神経膠腫)の発生率が40%増えるという研究があります。イスラエルの調査では、ヘビー・ユーザーは耳下腺・唾液腺の腫瘍 を患う可能性が約50%高いという研究もあります。スウェーデンの研究では、リスクは3.9倍高いと報告しています。

ロシアでは電子レンジの使用について多くの研究が行われた際、健康にネガティブな結果が出たため、1976年に電子レンジの使用が禁止しています(ペレストロイカで解禁)。電子レンジは電磁波と食品の変性という二つの問題を抱えています。電子レンジのマイクロ波は栄養を減弱させ、商品パッケージ(プラスチック容器等)からの有害物質の溶出を促します。加工食肉を電子レンジで十分に加熱したところ、d-ニトロソジエタノールアミン(有名なガンの原因薬剤)、活性タンパク質の不安定化、牛乳とシリアルの中の蛋白質とヒドロキシルから発がん性物質をうみだす、ことがわかっています。

電磁派の中で最も有害なものはリニアモーターカーかもしれません。リニアは莫大な工事費、途方も ない維持費、巨大な電力を必要とするための原発ゼネコン利権であり、非効率、高コストなものほどゼネコン利権は儲かります。電通とタッグを組んでリニアはすばらしいという宣伝一辺倒をするのは理由があるから、。東海道新幹線ですら乗車率は50%程度なのに、こんなものに価値など認めようもありません。新幹線の40倍電力を消費し、電磁波は6000~40000mGといわれ、路線周辺にも電磁波を振りまくほか自然を大きく破壊します。

現代文明を考えれば電気を全否定はできませんが、欧米並みの規制はせめて必須、このようなことばかりしているからニホンジンは世界一病気が多いのです。

Read more...

Twitter & IBM提携

15/01/05

Twitter さんも向こう側ということがよくわかる。





141030 日経
www.nikkei.com/article/DGXLASGM30H1C_Q4A031C1EAF000/?dg=1
米IBM、ツイッターとビッグデータ解析で提携

 【ニューヨーク=稲井創一】米IBMと米ツイッターは29日、ビッグデータ解析で提携すると発表した。ツイッター上のつぶやきを分析することで消費者の動向などを把握する。IBMは人工知能型コンピューター「ワトソン」も活用して膨大なツイッター上の情報を解析し、企業の意思決定を支援するサービスを展開する。

 IBMは商品への感想など豊富なつぶやきが消費動向を把握するのに有効だとしている。ツイッターと協業し、情報分析ツールを企業に提供する。企業は商品投入や在庫管理の判断材料となる情報を手にできる。

 IBMのコンサルティング部門では、商品開発や販売戦略などを顧客企業に助言する仕組みを構築する。IBMのロメッティ最高経営責任者(CEO)は29日、「ツイッターは新しい強力な視点を提供してくれる」とコメントした。IBMはビッグデータ分析を成長戦略の中核事業としており、異業種の企業と組んで独自色の強い分析サービスを充実させる方針だ。

Read more...

たふせ

15/01/04

大室寅之祐とか、たまに聞くけども、よく意味はわからない。
少しずつでも知る努力をば☆☆☆





141028 内海
www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/707742302642859

そーいえば田布施って意外と知らない人多いんですね。せっかくだから書いときましょう、もちろん私はこれらの政治家さんに見たことも会ったこともありませんので、真偽のほどは皆さんに調査力にお任せします♪。

明治維新で長州藩田布施町ってのがあって、とっても閑散としたさぶーい町だったそうですね。基本的にその町の出身が大室寅之祐=明治天皇、伊藤博文、木戸幸一、宮本顕治、河上肇、難波八助、松岡洋右、安倍源基(終戦時の内務大臣)、賀屋興宣とかっていわれているそうです。岸信介、佐藤栄作、安倍晋三は、この田布施一味の末裔らしいですね。

あ、そういえば鹿児島にも田布施があるらしいですね。有名な小泉前首相の父・純也は、鹿児島の田布施出身の朝鮮人だそうです。もちろんホントかウソかはしりません♪。よーするに鹿児島の田布施も山口県の田布施と同じ、朝鮮人部落だそうですね。

小泉純也は上京して小泉又次郎というヤクザ(刺青大臣と言われた)の婿養子となって「小泉姓」を名乗り、日本国籍を取得したそうです。小泉の次に安倍政権、そのいずれもが朝鮮人部落だった田布施の出身であることが、偶然なのか何なのかは私には毛頭わかりません♪。

1866年に天皇は殺されちゃったそうですね。天皇陛下万歳、江戸幕府氏ねっていってた明治維新の側の方々にやられちゃったみたいですが、もしかしたら江戸幕府の陰謀かもしれません♪。そーいえば田布施という所はとっても住みにくい土地で、今の政治はそんなところに押し込められ続けてニンゲンの復讐に過ぎないのかもしれませんね♪。でもその田布施にいまはでっかい宗教法人ビルが二つありますね♪。

そーいえば安倍晋三総理の父・晋太郎氏は、日頃から「自分は朝鮮だ」が口癖だったそうですが、もちろん私はその場にいたわけではないので真偽のほどはよくわかりません♪。
ああ、そういえば清和会ってのと経世会ってのがあるそうですね。お詳しい方々が多くおられそうなので解説は皆様にお任せしますが、とりあえず末路がだいぶ違うみたいですね♪。
すごく簡単に言うと清和会はアメリカのポチであって、経世会はアメリカに嫌われた人たちってイメージでしょうかね?やっぱり政治に疎いのでよくわかりません♪。昔から清和会ってやくざってイメージがあるけど、やっぱりただの勘違いなんでしょうか?どちらかっていうと経世会は社会民主主義っぽい感じでしょうか?清和会は1%が勝てばいいって断言してる感じでしょうか?

自民党と田布施の話が出ましたが、結局これって部落の話ともつながりますし、自民党内にもアメリカ主導型とアジア一体型みたいなのがあるみたいですね?そりゃ田布施ってどこの何かを考えれば、こうなるのはなんとなくわかりますが、やっぱり奥についてはさっぱりわかりません♪。

政治家やってれば全員金マミレなのはよくわかるんですが、その割に末路が違うのがよく指摘されてますね。田中角栄氏、竹下登氏、橋本龍太郎氏も、金丸信氏も、小渕惠三氏も、鈴木宗男氏も、小沢一郎氏も経世会なんですね?松岡利勝氏とか中川昭一氏は一応経世会ってことでいいんでしょうか?この辺が政治に疎くてよくわかりません♪。


Read more...

塩は・・・

15/01/03

とりあえず、天然のんがええのかなぁ。。。




141212 内海
www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/732075443542878
塩の嘘

高血圧に関する基準は嘘であり降圧薬の必要性もまた嘘であるが、そもそもその前に嘘が流布しているということを、人々はどれくらい把握しているか?その嘘こそ塩の嘘であり、つまり高血圧=塩の取り過ぎという大嘘のことだ。これは医学者の間でもほとんどの人が指摘しておらず、大変残念なことである。医学不要論においては西洋医学を否定するために、代替療法や食に伴う生命の輪や肉体の強靭化というのが重要なテーマになる。高血圧や高コレステロール血症や糖尿病に代表される生活習慣病の場合、これらを最も重視するのは当然のことであろう。

実は現在販売されている塩の大半は化学的に精製された「精製塩」であり、かなりヤバい加工がされた塩であるということをほとんどの人が知らない。精製塩のほぼすべてが塩化ナトリウムで構成されていて、天然の塩が持つ様々な価値を残していないと言える。これが日本人の血圧を狂わせてしまっている元凶の一つと呼べるものだ。日本では古くから血圧が高めの人が多く、塩も良質のものが多かったが、第二次世界大戦後にその塩の販売を規制してしまった。

精製塩は人間にとって必須なミネラル分(カリウム、カルシウム、マグネシウム等)が殆ど取り除かれており、その結果体内のミネラルバランスを狂わせる。逆に天然の塩は人体に必要なミネラルが多数含まれており、体に有益なだけでなく血圧もコントロールする作用を持つ。いわゆる生体恒常性が保たれやすい。良い塩ほど多数のミネラルを含有しているといわれ、電子還元作用が強い塩もまた良い塩だといわれる。岩塩も天日塩もまがい物が多いので注意しなければならない。

こう書くと塩は一切血圧に関係ないかのように考える人もいる。ここでも単一論の弊害というものが現れているのだ。たとえ天然の塩であってもあまりに取り過ぎれば害が出るのは当たり前である。ただここでは高血圧=塩の取り過ぎの塩は、一体何を指しているかを考えてほしいということだ。それが精製塩の塩化ナトリウムである限り、正比例かそれ以上の関係で血圧は上がっていく。しかし例えば海の水を飲み過ぎても人間の生体恒常性は崩れてしまう。だからたとえ天然塩であっても体の声とバランスは考えねばならない。

ここでいいたいのはまず精製塩を避ける努力をすることである。それを天然の本当に価値のある塩にしただけで、今と同じ味付けにしても、減塩食など気にしなくても、大きくバランスを崩さなければ血圧は体が求める数値に近付くのだ。私は子供の玄米食にごま塩を振って味付けする。これは長崎原爆症の対策として施された有名な逸話があるからだが、子供がおいしいというし放射能の防御にもなるから実践している。真の天然塩には高血圧だけでなく、そういう作用があることも人々は知らねばならない。

Read more...

塩と味噌

15/01/02

自分とことかでも、作っていながらも、よく知っているわけではない。

こういう「抜け」を減らして行かなくては♡♡





141028 内海
m.facebook.com/story.php?story_fbid=707539079329848&id=100002212881426
塩と味噌

塩とは、どういうものが本当の塩なのか?

塩とは海の水が干上って残ったものですから、海岸で日光や風などで海水の水分がどんでいき、残ったものが本当の塩なのです。すると皆さんは、「塩田でつくっていた、昔からの塩つぐり」を思い出す事でしょう。しかし、この塩づくりの方法は、「最後の仕上げでまちがっていた」のです。濃縮された海水を仕上げる時に、大きな平釜に入れて火をたき、海水を煮たてて水分を飛ばして塩を仕上げていたのです。

自然界の塩では、「煮たてる」という工程がありません。実はこの工程が、大変なまちがいで、塩の味を辛くてまずいものにしていたのです。海水のもっている機能は、「煮る」と全てなくなってしまうのです。煮立てない塩の味は、とてもまろやかで、何に入れてもとてもおいしくなるです。そして、牛乳やジュースや水割りのワイスキーなど「塩味の必要ないもの」に入れると、「塩味が出ないで、とてもおいしくなる」し、塩味の必要なものには、チャンと塩味が出るという「不思議な塩」です。

自然海塩は大変なパワーをもったお塩です。塩の「ニガリ」というものは、実は、塩が水分をつくって落けたものなのです。しかし、今の豆腐をつくる時の「ニガリ」は、「硫酸カルシウム」という化学品の粉末をつかっています。豆腐をかためるには、ニガリはいりません。キレイな海水で良いのです。この方法が一番おいしいのです。できあがった豆腐は塩味がすると思うでしょうが、しないのです。海水や塩水というものは、水とミネラルです。水にとけたミネラルが、エネルギーに変わっているのです。微粒子になり、そして必要な物をつくるのです。

味噌は主にふた通りの方法で作られています。味噌は本来大豆を煮て麹を加え塩を加えて発酵、熟成させて作ります。昔ながらのこうした天然醸造法は、1年くらいかかります。その間に独特の味や香り、旨みが出てくるのです。これに比べてスーパなどで売っている安い味噌は、ほとんどの味噌が速醸造法で作られています。短期間に作るので、香りや旨みが足りません。そこで化学調味料や保存料などを使うことになるのです。

長時間熟成することによって、有機酸や酵素が醸し出されこれが健康増進効果があるのです。できるだけ本物の味噌を使いたいですね。(甲斐由美子さんの記事より一部抜粋)

Read more...