土田直樹さんの「電磁波」のお話

16/01/10

昨日、浅草で船瀬俊介さんの作家30周年記念のイベントに行ってきますた。
その中で、電磁波問題に取り組むレジナ(株)の土田直樹さんの講演に気づきが多かった。
そのことでも、アウトプットがてら。

この方ねー。
www.regina-life.com/company/

 


土田さんは、日本ではほとんど問題にあがらない電磁波の問題について取り上げ、
また、電磁波測定士の資格制度を作りったり、電磁波を気にしなくて良い住に関する事業をやっていはる人。

今までは、漠然と「電磁波はあまり良くないなー。IHクッキングヒーターとかあまりよろしゅうないんやろー」くらいの認識やったけども、話聞いてる内に、勉強せななーと感じた。

お恥ずかしい話、「アースをとる」の意味を全く知らなかった。
orz

こちらの説明がなかなか詳しいですな。
www.all-earth.jp/earth/index02.html#e1

「電気の逃げ道をつくってあげる」のをアースというらしい。
アースをとるだけで、感電・漏電を防止できるだけでなく、
電磁波も大幅にカットすることができる。


安らげるハズの自宅が、実は屋内配線からの電磁波だらけで、
実は身体にストレスになってしまっている可能性があるっちゅうのは、
わりと目からウロコでした。

今後、引っ越しも控えていることやし、リラックスするための「住」にもアンテナ張って勉強しななーと思いもうした。

Read more...