161127 ロン・ポール こらむ 「米偉大にするなら連銀やめい」

16/12/07

161127 に配信されたロン・ポールさんのコラム
To Really ‘Make America Great Again,’ End the Fed!
を翻訳、紹介しました。


www.youtube.com/watch?v=gdX6_M8H79I&feature=youtu.be


161127 Ron Paul (三宅雄一郎訳)
ronpaulinstitute.org/archives/featured-articles/2016/november/27/to-really-make-america-great-again-end-the-fed/
To Really ‘Make America Great Again,’ End the Fed!

Former Dallas Federal Reserve Bank President Richard Fisher recently gave a speech identifying the Federal Reserve’s easy money/low interest rate policies as a source of the public anger that propelled Donald Trump into the White House. Mr. Fisher is certainly correct that the Fed’s policies have “skewered” the middle class. However, the problem is not specific Fed policies, but the very system of fiat currency managed by a secretive central bank.

前ダラス連銀総裁のリチャード・フィッシャー(Richard Fisher)は、連銀の金融緩和・低金利政策が国民の怒りを買い、それがトランプをホワイトハウスに送り出すことになったと、最近スピーチを行った。

連銀の政策が中産階級を”串刺し” にしたという点でフィッシャー氏は正しい。
しかし、問題は連銀の政策などではなく、秘密主義の中央銀行により管理されている法定通貨そのものである。

Federal Reserve-generated increases in money supply cause economic inequality. This is because, when the Fed acts to increase the money supply, well-to-do investors and other crony capitalists are the first recipients of the new money. These economic elites enjoy an increase in purchasing power before the Fed’s inflationary policies lead to mass price increases. This gives them a boost in their standard of living.

連銀によるマネーサプライの増加は、経済的不平等を生む。
なぜなら、マネーサプライが増加するとき、最初に新しいマネーを受け取るのは金持ち投資家・資本家たちだからである。
これらの経済エリートたちは、インフレ政策が物価の大暴騰を引き起こすまえに、購買力の向上の恩恵を受けられ、生活水準は向上する。

By the time the increased money supply trickles down to middle- and working-class Americans, the economy is already beset by inflation. So most average Americans see their standard of living decline as a result of Fed-engendered money supply increases.

マネーサプライの増加の効果が中産階級や労働者階級に降りてくる前に、すでにインフレ経済になっている。
したがって、連銀のマネーサプライ増加の結果が、多くの平均的アメリカ人の生活水準の低下へとつながるのである。

Some Fed defenders claim that inflation doesn’t negatively affect anyone’s standard of living because price increases are matched by wage increases. This claim ignores the fact that the effects of the Fed’s actions depend on how individuals react to the Fed’s actions.

連銀の擁護者のなかにはこんな意見もある。
「物価上昇は、賃金の増加と整合している。なので、インフレは誰の生活水準にもマイナスの影響は与えない」
この主張は、「連銀の行動の効果は、個人がどう連銀の行動に反応するかに依存している」という点を無視している。

Historically, an increase in money supply does not just cause a general rise in prices. It also causes money to flow into specific sectors, creating a bubble that provides investors and workers in those areas a (temporary) increase in their incomes. Meanwhile, workers and investors in sectors not affected by the Fed-generated boom will still see a decline in their purchasing power and thus their standard of living.

歴史を振り返ってみると、マネーサプライの増加は、一般的な物価上昇をもたらすだけではない。
マネーが特定の分野に流れ込むことにもなる。
これが、地域の投資家や労働者の(一時的な)収入の増加をもたらすバブルをつくることになる。

一方で、連銀がつくるブームの影響を受けない労働者や投資家は、購買力が低下し、生活水準を落とすことになる。

Adoption of a “rules-based” monetary policy will not eliminate the problem of Fed-created bubbles, booms, and busts, since Congress cannot set a rule dictating how individuals react to Fed policies. The only way to eliminate the boom-and-bust cycle is to remove the Fed’s power to increase the money supply and manipulate interest rates.

“ルールに基づいた”金融政策を採用することは、連銀が生むバブル・ブーム・バブル崩壊の問題の解決とはならない。なぜなら、議会は「どのように個人が連銀の政策に反応するか」のルールを作ることは出来ないからである。

バブル→バブル崩壊のサイクルをなくす唯一の方法は、マネーサプライ増加をさせたり、金利を操作したりする連銀の権力をなくすことである。

Because the Fed’s actions distort the view of economic conditions among investors, businesses, and workers, the booms created by the Fed are unsustainable. Eventually reality sets in, the bubble bursts, and the economy falls into recession.

連銀の行動は、投資家・企業・労働者の経済の見方を歪める。
そのため、連銀が生むブームは不安定である。結局、現実にもどり、バブルが弾けて、経済が停滞する。

When the crash occurs the best thing for Congress and the Fed to do is allow the recession to run its course. Recessions are the economy’s way of cleaning out the Fed-created distortions. Of course, Congress and the Fed refuse to do that. Instead, they begin the whole business cycle over again with another round of money creation, increased stimulus spending, and corporate bailouts.

金融崩壊が起こった時、議会や連銀の最善策は、不況を自然消滅させることである。
不況は、連銀が作り出した歪みを一掃する経済的経過である。

もちろん、議会や連銀は拒否するだろう。
その代わりに、彼らはマネー創造・消費意欲の刺激策、企業救済を伴う、また新たなビジネスサイクルを始めることだろう。

Some progressive economists acknowledge how the Fed causes economic inequality and harms average Americans. These progressives support perpetual low interest rates and money creation. These so-called working class champions ignore how the very act of money creation causes economic inequality. Longer periods of easy money also mean longer, and more painful, recessions.

進歩的なエコノミストの中には、どのように連銀が経済的不平等を生み出し、一般的アメリカ人に害を及ぼしているかを認めている者もいる。
(だが)彼らは永久的な低金利・マネー創造の政策を支持している。

これらの、いわゆる労働者階級の味方は、「マネー創造そのものが、いかに経済的不平等をもたらすのか」という点を無視している。
長期間にわたる金融緩和は、より長く、苦しい景気後退を意味するのである。

President-elect Donald Trump has acknowledged that, while his business benefits from lower interest rates, the Fed’s policies hurt most Americans. During the campaign, Mr. Trump also promised to make audit the fed part of his first 100 days agenda. Unfortunately, since the election, President-elect Trump has not made any statements regarding monetary policy or the audit the fed legislation. Those of us who understand that changing monetary policy is the key to making America great again must redouble our efforts to convince Congress and the new president to audit, then end, the Federal Reserve.

大統領となったトランプは、(彼自身のビジネスは低金利政策で得をするのだけれども)連銀の政策が多くのアメリカ国民をいためつけていることを認めている。
選挙期間中、トランプ氏は就任からの100日間で取り組むべき課題のひとつとして、「連銀の監査」を約束している。

しかしながら、選挙が終わってからというもの、トランプ氏は金融政策や連銀の監査に関する主張は一切行っていない。

「アメリカをもう一度偉大へ!(Make America Great Again)」するための鍵は、金融政策を変えることであると我々は理解している。
議会や新大統領に連銀を監査し、連銀を終わらせるにように説得するためにますます尽力しなければならない。

Read more...

何を得たいのか

16/10/11

よくわからなくなってきた今日この頃。


本当に必要な情報とは何か?

自分がほしい気持ちとは何か?

ほしい気持ちを手に入れるための人間関係とはどうすれば良いか?


もやもやするなぁ。

Read more...

ひさびさの投稿

16/10/06

そいやー、ブログ全然更新してないことに気がつく。

いかんいかん。

何か書いて残すクセをつけておかないと、アウトプットができなくなってくる。

ということで、何かしらの毎日更新をまた始めます。


農業のことでも、思考的なことでも、なんでも赤裸々に残しておきましょいねー。

Read more...